ニュース 2022.09.17. 06:29

楽天が絶好機でのスクイズ失敗が響き2連敗…井端氏「難しい球ではなかったんですが…」

無断転載禁止
スクイズを試みるも投飛で併殺打となり、膝をつく鈴木大 (C) Kyodo News

逆転の好機で痛恨のスクイズ失敗


 楽天はソフトバンクに敗れ2連敗。

 初回、柳田悠岐の3ランで先制を許した楽天は4回、一死一・二塁から鈴木大地の適時二塁打で1点差に追い上げる。6回は浅村栄斗の内野安打と島内宏明のライト前ヒットで無死一・二塁とし、辰己涼介が送りバントで一死二・三塁と一打逆転のチャンス。続く、鈴木大はソフトバンクの4番手・嘉弥真新也の2球目にスクイズを敢行するもピッチャーフライとなり、飛び出した三走・浅村も帰塁できず痛恨のダブルプレーとなった。

 16日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した平松政次氏は、「いいタイミングで(スクイズを)出したんだけど…やっぱり、嘉弥真から左バッターがスクイズを決めるのは非常に難しいですよね」と、左の変則投手から左打者がバントをする難しさを語ると、MCの真中満氏も「(左の)サイドスローなので」と同調。

 同じく番組に出演した井端弘和氏も「(バントは)やりづらいと思いますよ。それがスクイズですから。しかも、スクイズだとちょっと外され気味でもやらないといけないですから。そんなに難しい球ではなかったんですが、(鈴木大の)意識がいろんなところにあったのかなと思いましたね」と、打者心理を説明した。

 前の打席でタイムリーを放った鈴木大へのスクイズのサインについて真中氏は「序盤に点数がとれなかったので石井監督もスクイズを選択したのだと思います」と語り、4回に2点を返し、一死二・三塁から後続が2者連続の三振に倒れ、5回も3者連続三振に終わった流れからの判断だったとの見解を示した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西