ニュース 2022.09.17. 18:30

これぞ4番!広島・マクブルームが本塁打を含む3打点「残り6試合をしっかり戦って…」

無断転載禁止
広島のライアン・マクブルーム (C) Kyodo News
2022.09.17 14:00
横浜DeNAベイスターズ 3 終了 10 広島東洋カープ
横浜
● DeNA 3 - 10 広島 ○
<25回戦・横浜>

 広島の4番・マクブルームが、本塁打を含む3安打3打点の活躍で勝利に貢献した。

 広島は0-2の3回に羽月隆太郎の適時二塁打で1点を返し、なお一死二塁の好機でマクブルームに打席が回ってくる。「あの場面ランナーが居ましたので、どうにか相手のピッチャーにダメージを与えようと思って、打てる球をしっかり打とうと思って打席に入りました」。

 DeNAの先発・阪口皓亮が3ボール1ストライクから投じたカットボールを捉えた打球は、「打った瞬間、フェンスを超えてくれると感じました。レフトスタンドのカープファンが盛り上がっていたので、それでホームランだと気付きました」と、レフトスタンドに飛び込む逆転の第16号2ランとなった。

 マクブルームは8回にもレフト前に適時打を放った。「その後の2安打はラッキーな部分もあったかなと思います。DeNAのピッチャーも沢山良い投手いますし、このリーグはタフだと思います。これからも頑張ります」。

 CS進出に向けて広島は負けられない戦いが続く。「僕の中ではもうクライマックスシリーズが始まっているような、そう錯覚する様な戦いを繰り広げています。チームの皆と一生懸命残り6試合をしっかり戦って、どうにかプレーオフの方に食い込んでいきたいと思います」と意気込んだ。

(取材=ニッポン放送アナウンサー・大泉健斗)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM