ニュース 2022.09.17. 22:09

オリックス・山本由伸が逆転Vへ望み繋ぐ完封 中嶋監督「ド必死にやっていくしかない」

無断転載禁止
オリックス・山本由伸
2022.09.17 18:00
オリックス・バファローズ 2 終了 0 福岡ソフトバンクホークス
京セラD大阪
○ オリックス 2 - 0 ソフトバンク ●
<23回戦・京セラD大阪>

 連覇に向けて崖っぷちのオリックスが、首位ソフトバンクと今季最後の3連戦の初戦に勝利。エースの山本由伸が完封勝利で今季14勝目を挙げ、ソフトバンクとのゲーム差を「2」に縮めた。

 山本は初回二死三塁のピンチを招くが、「とにかく落ち着いて思いっきり腕を振った」と、柳田悠岐を三振に打ち取り無失点の立ち上がり。

 すると、直後の1回裏、中川圭太がソフトバンク先発の板東湧梧から左翼スタンドへ7号先制ソロを放ち、3回には頓宮裕真の犠飛で追加点を挙げて試合の主導権を握った。

 山本は2回以降は二塁すら踏ませぬ快投を見せ、被安打4、奪三振7、無失点の内容でソフトバンク打線を完封。逆転優勝への望みをつなげた。


バッテリーに最敬礼「本当に素晴らしいピッチング」


 試合後、先制決勝弾を放った中川圭は「まだまだ優勝を狙える位置にいるので、全員で気合いを入れて試合に入りました」と引き締まった表情で話し、ともにお立ち台に上がった山本も「絶対勝つしかないと思っていたので、気合い十分で(マウンドに)上がりました」と、並々ならぬ気持ちで天王山に臨んでいたことを明かした。

 9回に背番号18がマウンドへ上がる際には、ドーム全体から手拍子が起こり、山本は「今シーズン京セラでまだ完封出来てなかったので、元気をもらいました」とファンの後押しに感謝。「最後はみんなで優勝しましょう」と逆転連覇を誓った。


 中嶋聡監督は「本当に素晴らしいピッチングだと思う。若月と2人でよく考えて、この前当たったばかりだったので、その中で変えるところは変える。攻めるところは攻めるというか、緩急つけながら、しっかり投げたと思う」と、好調だったソフトバンク打線を完封したバッテリーを称賛。

 中川圭の本塁打については「あっ…と思ったら(打球がフェアゾーンに)戻って来ましたね。先制して優位に進めたいと思っていたところで、なかなか取れなかったんですけど良かったです」と振り返った。


 依然として負けられない戦いが続くが、指揮官は「苦しいですけど、こういう経験を積み重ねていって、野球人としてのレベルを上げていくのはいいことだと思うので、このプレッシャーを何とか頑張って欲しい」とナインの踏ん張りに期待。「もう8試合やるしかないですね。もうド必死にやっていくしかない。結果どうであれ頑張ります。(選手は)思い切ってやったというのを何とか出して欲しい」とラストスパートを求めた。

 18日のカード2戦目は宮城大弥が初めて中5日で先発する。中嶋監督は「言ったじゃん。リミッター解除するよって。それを考えたらきょう完投してくれたのは大きい。非常に大きい完投。これで中継ぎ陣も『またいこう』という形になれると思うので、またやっていきます」と話した。

 逆転優勝のためにもこのカードは3戦全勝が求められるが、指揮官の言葉通り、それ以上に“悔いのない戦い”を続けていきたい。

取材・文=どら増田

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西