ニュース 2022.09.23. 06:14

「なぜサードに投げたのか…」巨人・若林のまさかのプレーに解説陣も疑問符

無断転載禁止
巨人・原監督 (C) Kyodo News

「1点を防ぎにいってほしかった」


 巨人はDeNAに完封負けで連勝は3でストップした。

 2点を追う7回裏、一死満塁のピンチでDeNAの関根大気がライトフライを上げると、右翼の若林晃弘はタッチアップでの生還を阻止するバックホームではなく、三塁へ送球。三走・楠本泰史に難なく生還を許し、二・三塁間に挟んだ佐野恵太も守備の乱れからアウトにできず痛い追加点を奪われた。

 22日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に生出演した高木豊氏は若林のプレーに注目し、「0-2でジャイアンツが負けているのに若林はサードにつないだんですよ。ゲーム展開を考えたら1点もやりたくない状況ですよね」と首を傾げ、「みんなが(バック)ホームで待っているのに(若林)一人だけサードに投げたから、内野手が準備ができていなくて右往左往していましたよ。(一塁手の)中田は(バックホームに備えて)カットマンに入っていたのでそりゃ一塁ベースは空けますよ」と、味方も予想がつかない三塁への送球が守備の混乱を招いたことを指摘。「(若林の)思考がちょっと人とは違ったのかなと、1点を防ぎにいってほしかったプレーですね」と、一連のプレーに疑問を呈した。

 解説を務めた池田親興氏は「(味方が)声を掛けているはずですよね。状況を考えればホームにつなぐはずですが…やっぱり、捕っている体勢もあまりよくないですよね。ですから、足が止まってスピードに乗っていなかったのでそういう形になったのかもしれませんね」と推測した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

 
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西