ニュース 2022.10.01. 06:14

オリックスが連覇へ望みつなぐ劇的サヨナラ! 土壇場の奇策に解説陣も「見ていてまさかと思いました」

無断転載禁止
ロッテにサヨナラ勝ちし喜ぶ福田(右から4人目)らオリックスナイン (C) Kyodo news

土壇場でサヨナラセーフティバント


 オリックスは9回二死から決勝点を奪いサヨナラ勝ち。

 同点に追いつかれた9回、先頭の紅林弘太郎が、ロッテの6番手・オスナから二塁打を放ちチャンスを作ると、二死三塁から福田周平が意表を突くセーフティーバントを決めて劇的なサヨナラ勝利を収めた。

 30日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した齊藤明雄氏は、「引き分けてもソフトバンクの優勝が決まる土壇場の場面でセーフティーバントですよ。これはロッテバッテリーからしたらまったく頭になかったと思います。本来ならピッチャーが取りに行く打球でしたが(オスナは)取りに行く気配もありませんでしたからね。勇気のいるプレーだと思いますよ。失敗したら悔いが残りますし。素晴らしいバントだったと思います」と、誰も予想していなかった奇策を振り返った。

 同じく解説を務めた阿波野秀幸氏も「3ボールからですよね。見ていてまさかと思いましたよ。福田のアイデアでやったんでしたら、よくそういう発想で決めましたよね」と同調し、福田の土壇場でのひらめきを称賛した。

 また、MCを務めた真中満氏は一塁手の山口航輝がタッチに行った際、打者走者の福田がスリーフットラインを外れていたとの見方について、「ちょっと分かりづらかったので説明したいのですが、福田がいた位置からスリーフィートになりますので、(スリーフットラインの)線はまったく関係ないんです。福田の位置から(一塁手が)タッチに行ってそこからスリーフィート動いたかという話なので。ですから、審判が(タッチプレーが生じた時に)スリーフィート動いていなかったという判断でセーフになったということですね」との見解を示した。

 オリックスは残り1試合。優勝マジック「1」のソフトバンクが明日の西武戦に引き分け以上の結果ならリーグ連覇の夢は消滅するが敗れた場合、優勝決定は最終戦(10月2日)までもつれることになる。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西