ニュース 2022.10.01. 22:01

西武、山川のサヨナラ弾で鷹の胴上げ阻止 5連勝でCSへ弾み、松本の快投光る

無断転載禁止
西武・山川穂高 (C) Kyodo News
2022.10.01 18:00
埼玉西武ライオンズ 3 終了 1 福岡ソフトバンクホークス
ベルーナドーム
○ 西武 3x - 1 ソフトバンク ●
<25回戦・ベルーナドーム>

 西武はサヨナラ勝ちで5連勝。優勝マジックを「1」としていたソフトバンクの胴上げを阻止した。

 先発の松本が好投。4回は一死から連打を許し一、二塁のピンチを招いたが、5番・デスパイネを空振り三振、粘る6番・中村晃は一飛に退けゼロを刻んだ。1点リードの6回も一死二塁で中軸との対戦となったが、4番・柳田を三ゴロ、続くデスパイネを中飛に退けピンチ脱出。最後までソフトバンク打線に得点を許さず、7回92球、5安打無失点、6奪三振1四球の快投でマウンドを降りた。

 打線はソフトバンク先発・千賀の前に3回までノーヒット。4回は一死から2番・源田、3番・森の連続中前打、4番・山川の四球で満塁とし、5番・栗山が均衡を破る先制適時打を中前へ運んだ。

 救援陣は8回、水上、平良のふたりで3つのアウトを奪い、9回は守護神・増田を投入。しかし、一死から4番・柳田に同点ソロを浴び、松本の8勝目は消滅した。

 同点のままでもソフトバンクの優勝が決まるシチュエーションだったが、11回裏、二死一塁で山川が「初めてです」と語るサヨナラ弾を左翼席へ。主砲の41号2ランで試合を決め、6番手の本田が4勝目(2敗)を手にした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西