ニュース 2022.10.04. 12:08

広島が高橋樹ら3選手に戦力外通告 戸田はTJ手術から一軍復帰ならず

無断転載禁止
2018年、ヤクルト戦に先発した広島・戸田=神宮(C)KYODO NEWS IMAGES

中神は一度も一軍昇格できず


 広島は4日、高橋樹也投手、中神拓都選手、育成契約の戸田隆矢投手と来季の契約を結ばないことを発表した。

 高橋樹は花巻東高から2015年ドラフト3位で入団した左腕。プロ2年目に一軍デビューし、昨季は自己最多27試合にリリーフ登板し防御率1.37をマークしたが、今季は一二軍ともに公式戦での登板なく、来季構想外となった。

 戸田は樟南高から11年ドラフト3位で入団し、中継ぎと先発をマルチにこなして通算95試合に登板。20年7月に左肘のトミー・ジョン手術を受け、昨季から育成選手となっていた。

 中神は市岐阜商高から18年ドラフト4位で入団した内野手。今季はファームで46試合に出場し、キャリアハイの打率.275をマークしたが、プロ4年間で一度も一軍昇格することができずに戦力外となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西