ニュース 2022.10.05. 14:47

大阪桐蔭が国体優勝し世代三冠 松尾ソロ弾などプロ志望3選手が活躍

無断転載禁止
大阪桐蔭・松尾汐恩
○ 大阪桐蔭 5 - 1 聖光学院 ●
<第77回国民体育大会・宇都宮清原球場>

国体高校硬式野球は大阪桐蔭(大阪)が優勝。昨秋の神宮大会、今春のセンバツに続き、全国大会の頂点に立ち、今世代三冠で有終の美を飾った。

聖光学院(福島)と対戦した決勝戦では、5番・海老根優大の中越え適時二塁打で先制すると、4-1で迎えた5回に3番・松尾汐恩が左越えソロ本塁打を放ち加点。投げては長身右腕の川原嗣貴が109球で1失点完投と、プロ志望届を提出した3選手の活躍が光った。

今夏は同校史上3度目の春夏連覇が期待されたなか、夏の甲子園準々決勝で下関国際(山口)に敗れ涙。世代四冠とはならなかったが、国体では夏の覇者である仙台育英、下関国際、聖光学院を相手に快勝を収め、一気に頂点まで駆け上がった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西