ニュース 2022.10.06. 18:00

DeNAのトップバッター・桑原、CS初戦の第1打席の「イメージはずっと膨らませている」

無断転載禁止
DeNA・桑原将志 (C) Kyodo News
 「イメージはずっと膨らませているので後はゲームの雰囲気でやれれば良いかなと思います」。

 DeNAのトップバッター・桑原将志は、8日からはじまる阪神とのクライマックスシリーズ・ファーストステージの第1打席に向けてイメージを膨らませている。

 “ガッツマン”・桑原が初回の第1打席、先頭打者として出塁すれば、佐野恵太、牧秀悟、宮崎敏郎といった中軸に得点圏で打席が回る可能性が高くなる。

 桑原は「雰囲気はやはり変わるので、個人個人で背負い込み過ぎると空回りしてしまうと思います。そこに飲まれずに、自分が出来ることに徹する事が一番パフォーマンスが出せると思いますし、それを出来たチームが勝つと思います」とシーズンとCSの違いについて語った。

 「シーズンでは中々腹を括れない打席もいっぱいありましたし、(CSは)腹を括って野球出来れば良いと思います」。CSで桑原が出塁し、生還する回数が多ければ多いほど、ファイナルステージ進出に近づくはずだ。

(取材=ニッポン放送アナウンサー・大泉健斗)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM