ニュース 2022.10.07. 06:44

いざ決戦!パCSを展望 高木豊氏は「1番・外崎」を待望?

無断転載禁止
西武・外崎修汰 (C) Kyodo News

「山川が打つかどうかで変わってくる」


 レギュラーシーズンの143試合が終わり、いよいよ8日(土)からはクライマックスシリーズの戦いへと移るプロ野球。

 パ・リーグのファーストステージは、2位のソフトバンクが3位・西武をホームで迎え撃つ。




 3日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』では、解説者がCSの展望を実施。

 番組に出演した高木豊氏は「ソフトバンクはシーズンの締め方が悪く、西武は良い締め方ができた。だから気持ちの切り替えがどこまでできているか、に尽きる。相当へこんだと思いますよ」とし、やはりメンタル的な影響に言及する。


 失うものがない西武のキーマンにはまず「髙橋光成」を挙げ、「終盤にかけてものすごく状態が上がってきましたよね。ソフトバンクにとっては相当な壁になると思う」と注目。

 そのうえで、打線ではまず「山川穂高」を推し、「チーム打率が低いことと、ソフトバンクの投手陣を考えたらつなごうと思ってもなかなかつなげない。長打が出て外野フライで還す、あとは一発というところで。山川が打つかどうかで変わってくる」としたうえで、「あとは外崎でしょうね」とも。

 「シーズンを見ていても、外崎が1番を打っている時にチームの状態がグッと上がった。終盤の苦しい時期は還す打者がいなかったのでちょっと打順を下げたんですが、連敗がはじまって1番に戻したら勝ち出しましたよね。だから外崎は1番で行ってほしいなと思いますね」と語り、外崎の役割をポイントに挙げた。


 また、ソフトバンクのキーマンには打線の核を担う2名。「柳田は“負けたら俺のせいにしてくれ”と言うくらい懸けていたと思う。CSでもやってくれると思います」とし、苦しい最終盤でも奮闘を見せた主砲を信頼する。

 一方で、「問題はその後に打つバッター。デスパイネが打つか打たないかで大きな差になってくる」と語り、クリーンナップの奮起に期待。「西武には髙橋・今井と2枚のピッチャーがいますから」と付け加え、難敵をいかにして攻略するかを突破のカギとした。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西