ニュース 2022.10.15. 21:34

ソフトバンク、牧原大のスーパー好捕&デスパ同点2ランも…粘り及ばず終戦

無断転載禁止
ソフトバンク・藤本監督 (C)Kyodo News
2022.10.15 18:00
オリックス・バファローズ 3 終了 2 福岡ソフトバンクホークス
京セラD大阪
【パCSファイナルステージ第4戦】
○ オリックス 3x - 2 ソフトバンク ●
<10月15日 京セラD大阪>

『2022 パーソル クライマックスシリーズ パ』のファイナルステージ第4戦はオリックスがサヨナラ勝ち。リーグ王者は優勝アドバンテージを含む同ステージの対戦成績を4勝1敗とし、2年連続となる日本シリーズ進出を決めた。ソフトバンクは粘り及ばず敗戦。2022年の戦いが幕を閉じた。

 ソフトバンクは先発の和田が5回途中2失点で降板。リリーフ陣は走者を背負いながらも粘り強くゼロを刻んだ。2点ビハインド6回は3番手の泉が二死二、三塁のピンチで中堅後方へ大飛球を打たれるも、中堅・牧原大が最後は倒れ込みながら好捕。窮地を脱するスーパープレーにオリックスファンからも大きな拍手が送られた。

 すると直後の7回表、一死から4番・柳田が四球で歩くと、続くデスパイネが値千金の同点2ランを左中間席へ。オリックス3番手・山﨑颯の直球を完璧に捉えた。

 しかし、勝ち越し点を奪えぬまま迎えた9回裏、6番手のモイネロがサヨナラ打を浴び万事休す。敵地で3敗目を喫し、2年ぶりの日本シリーズ進出を逃した。

【PR】プロ野球を観戦するなら「DAZN Baseball」

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

春季キャンプ、オープン戦、公式戦、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

③ DAZN初契約の場合、2024年2月29日までの契約で初月無料!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額3,700円(税込)のところ、本プランなら月額2,980円(税込)だからとってもお得です。

※2024年3月1日(金)以降のDMM×DAZNホーダイ新規契約・再契約は、月額3,480円(税込)となります。
※DAZN Standardは2024年2月14日(水)以降、月額4,200円(税込)となります。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

2月29日までの契約で料金据え置き! 月額3,000円以下のプランは今だけ!

③ 3月以降の単体契約と比べると、2月中の契約なら月額1,770円もお得!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西