ニュース 2022.10.26. 22:46

オリ、執念の継投で勝利!里崎氏「勝ちにいくんだと…」

無断転載禁止
6回のピンチを切り抜け笑顔を見せるオリックス・宇田川。捕手・若月 (C)Kyodo News
2022.10.26 18:30
オリックス・バファローズ 1 終了 0 東京ヤクルトスワローズ
京セラD大阪
【日本シリーズ第4戦】
○ オリックス 1 - 0 ヤクルト ●
<10月26日 京セラD大阪>

 オリックスはリリーフ陣が踏ん張り、ヤクルトとの日本シリーズ第4戦は1-0で勝利。これで対戦成績を1勝2敗1分とした。

 オリックスは0-0の3回に杉本裕太郎の適時打で先制すると、先発・山岡泰輔も走者を出しながらも4回まで無失点に抑える。1-0の5回一死走者なしから塩見泰隆にフェンス直撃の三塁打を打たれたところで、山岡に代わって宇田川優希がマウンドへ。宇田川は山崎晃大朗、山田哲人を連続三振でピンチを脱した。

 宇田川はイニングまたぎとなった6回を無失点に抑えると、7回からは山﨑颯一郎が2回無失点、9回はワゲスパックが締めて勝利した。

 26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ第4戦 オリックス-ヤクルト』で解説を務めた里崎智也氏は「とにかく今日勝ちにいくんだというね。山岡、宇田川、山﨑颯一郎、ワゲスパックの投手リレー。結構、厳しい状況はありましたけど、なんとか踏ん張りきりましたね。本当にお互い、最後の1本出るか出ないか。どっちが勝ってもおかしくない試合。リリーフが頑張りましたね」と振り返った。

 それでも、里崎氏は「オリックスは明日(27日)リリーフをどうするのかなと。勝ちゲームは宇田川、山﨑颯一郎、ワゲスパック、勝ちゲームの2人が30球以上投げているのでね。リリーフをどうするのか、田嶋が長いイニング投げてくれればそれに越したことはない」と第5戦、勝ちパターンをどう起用していくか気になったようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM