ニュース 2022.10.30. 21:50

オリックス、4連勝で26年ぶりの日本一 ヤクルトに雪辱、エース負傷も一丸V

無断転載禁止
初回に1番・太田が先頭打者本塁打を放ち、盛り上がるオリックスナイン (C)Kyodo News
2022.10.30 18:30
東京ヤクルトスワローズ 4 終了 5 オリックス・バファローズ
神宮
【SMBC日本シリーズ2022第7戦】
● ヤクルト 4 - 5 オリックス ○
<10月30日 神宮>

 オリックスは第4戦から怒涛の4連勝。昨年のシリーズで敗れたヤクルトに雪辱し、26年ぶり5度目の日本一を決めた。

 初回、1番・太田が日本シリーズ史上初となる先頭打者初球アーチをバックスクリーンへ運び先制。5回は二死満塁で4番・吉田正の押し出し死球で2点目を奪うと、続く杉本の左中間への飛球を中堅・塩見が落球。この間に塁上の3走者がすべて生還し5-0とリードを広げた。

 投げてはプロ入り初の中4日となった先発・宮城が5回3安打無失点と好投。6回からは2番手の宇田川が2イニングを無失点に抑えた。5点リードの8回に3番手・山﨑颯が4点を失ったが、最後は比嘉、ワゲスパックが無失点で締めた。

 昨年の日本シリーズは、ヤクルトの前に2勝4敗で敗退。2年連続の顔合わせとなった今年も第3戦までは2敗1分けと劣勢だったが第4戦から息を吹き返した。

 初戦で大黒柱の山本が左脇腹に違和感を訴え、その後の登板はなし。それでも、山﨑福が中5日、宮城はキャリア初の中4日で無失点投球を見せエース不在をカバーした。山﨑颯、宇田川、ワゲスパックら、球威あるリリーフ陣も獅子奮迅の働き。4勝中2勝が完封リレーと投手陣の底力が際立った。

 攻撃陣はヤクルト投手時に苦しめられたが、第5戦では吉田正がサヨナラ弾含む2本塁打、第6戦では杉本が決勝適時打を放つなど主力が要所で活躍。第4戦からスタメンに定着した太田は、第7戦で先頭弾を放つなど4試合連続安打を記録しチームを勢い付けた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西