ニュース 2022.10.30. 23:18

打率.400&先頭弾!太田スタメンから4連勝V 中嶋監督「積極性ほしかった」

無断転載禁止
1回表に先頭打者初球アーチを放つオリックス・太田 (C)Kyodo News
2022.10.30 18:30
東京ヤクルトスワローズ 4 終了 5 オリックス・バファローズ
神宮
【SMBC日本シリーズ2022第7戦】
● ヤクルト 4 - 5 オリックス ○
<10月30日 神宮>

 オリックスは第4戦から怒涛の4連勝。昨年のシリーズで敗れたヤクルトに雪辱し、26年ぶり5度目の日本一を成し遂げた。「1番・一塁」で先発出場した太田椋内野手(21)が先頭弾含む2安打1打点と活躍。スタメン起用された第4戦から4試合連続安打を記録し、チームの起爆剤となった。

 オリックスは初回、1番・太田が日本シリーズ史上初となる先頭打者初球アーチをバックスクリーンへ運び先制。5回は二死満塁で4番・吉田正の押し出し死球で2点目を奪うと、続く杉本の左中間への飛球を中堅・塩見が落球。この間に塁上の3走者がすべて生還し5-0とリードを広げた。

 投げてはプロ入り初の中4日となった先発・宮城が5回3安打無失点と好投。6回からは2番手の宇田川が2イニングを無失点に抑えた。5点リードの8回に3番手・山﨑颯が4点を失ったが、最後は比嘉、ワゲスパックが無失点リレーで締めた。

 昨年の日本シリーズは、ヤクルトの前に2勝4敗で敗退。2年連続の顔合わせとなった今年も第3戦までは2敗1分けと劣勢だったが、第4戦から息を吹き返した。

 打線に活気を与えたのが太田だ。第4戦は「9番・二塁」、第5戦は「7番・一塁」で先発出場し、いずれも1安打1四球で2試合連続2出塁。第6戦は「1番・一塁」で2安打1四球で3出塁。そして第7戦は上述の通り、豪快な先頭弾含む2安打1打点と活躍した。

 シリーズ打率は.400(15打数6安打)、出塁率は.500をマーク。MVPは杉本、優秀選手賞は山﨑福と吉田正に譲ったが、打線の起爆剤としてMVP級の働きを見せた。

 中嶋監督も「先取点ほしいところで、まさかの初球で1点というのは、大きいと思いました」と、優勝監督インタビューで太田の先頭打者アーチを絶賛。1番での起用については、「積極性がほしいところで、バンバン振っていけるバッターがほしかったので1番に抜擢しました」と意図を説明した。

 日本シリーズの大舞台でポテンシャルを発揮したが、今年のレギュラーシーズンは32試合の出場で打率.196、1本塁打、5打点と苦戦。5年目となる来季こそはレギュラーに定着し、シーズンを通してファンを魅了してほしいところだ。

【PR】オリックス・バファローズを観戦するなら「DAZN Baseball」

今季リーグ4連覇と日本一奪還を目指すオリックス。エースの山本由伸が抜けた穴を埋めるのは宮城大弥か山下舜平大か先発陣の活躍に注目!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

楽天モバイルなら追加料金ゼロで
パ・リーグが楽しめる!【PR】

楽天モバイル パ・リーグSpecial

楽天モバイルに申し込み「Rakuten最強プラン」を契約すると、公式戦やオリジナル番組を追加料金0円で楽しめます。携帯キャリアを乗り換えず、「デュアルSIM」としての契約もおすすめ。パ・リーグをお得に観戦できるチャンスをお見逃しなく。

POINT

① パ・リーグ主催の公式戦・オリジナル番組が見放題!

② 見逃し配信にも対応! スマホやTVなど好きなデバイスで視聴可能!

③ キャリア乗換不要。お得で手軽な「デュアルSIM」契約もオススメ!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成