ニュース 2022.11.19. 10:00

京田がDeNAにトレード移籍 来季はさらなる活躍が期待される中日・土田

無断転載禁止
中日の土田龍空 (C) Kyodo News
 中日の高卒2年目・土田龍空は8月19日のヤクルト戦でプロ初のサヨナラ打を放つなど、オールスター明けに一軍に定着。62試合に出場して、打率.248、12打点、3盗塁という成績を残した。

 8月25日の巨人戦、0-1の5回、この回先頭の土田龍空は巨人先発・戸郷翔征が投じた外角低めのフォークをうまくバットにあわせ、これがレフト前に落ちる。土田はレフト・ポランコがやや緩慢な動きを見て、スピードを緩めることなく一気に二塁を陥れた。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた宮本和知氏は「今の走塁はすごいですよ。一瞬の隙ですよ。ポランコがワンバウンドしたボールが回転がついていたので、2バウンドでとってしまいましたよね。次の塁を狙う土田くんはいい選手ですね」と評価した。

 8月23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた山﨑武司氏は「学ぶことがたくさんあってね、立浪監督はめちゃくちゃ我慢して使っていますよね。ですけど、ここ最近、バッティングが慣れてきたというか、内容が随分よくなっている。土田は面構えもいいし、意外と小生意気なところがある。プロ野球選手として良い」と評価。

 オールスター明けは京田陽太に代わってショートのレギュラーとして出場した土田。その京田はDeNAにトレード移籍した。ドラフトで内野手を複数人指名したとはいえ、土田には来季、競争を勝ち抜きシーズン通してレギュラーでの活躍が期待される。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM