ニュース 2022.11.30. 16:34

プロ野球「スピードアップ賞」発表 チーム表彰では巨人と西武に賞金100万円

無断転載禁止
スピードアップ賞を受賞した(右上から時計回りに)髙橋光成、小笠原、中野、小深田

小深田は2年ぶり2度目の受賞


 日本野球機構(NPB)は30日、試合を心地よく、魅力的にするためにスピーディーに進めた選手及びチームに贈る『ローソンチケット スピードアップ賞』の受賞者を発表した。

 無走者時の投球間隔が短かった投手に贈られる投手部門は、セ・リーグで中日の小笠原慎之介投手(11.3秒)、パ・リーグで西武の髙橋光成投手(10.8秒)が、それぞれ初受賞。

 無走者時の相手投手の平均投球間隔が短かった打者に贈られる打者部門は、セ・リーグで阪神の中野拓夢選手(11.5秒)が初受賞。パ・リーグでは楽天の小深田大翔選手(11.7秒)が2年ぶり2度目の受賞を果たした。

 また、レギュラーシーズンにおいて平均試合時間が短かったチームに贈られるチーム表彰では、セ・リーグで巨人(3時間7分)が4年ぶり、パ・リーグで西武(3時間6分)が5年ぶりに受賞した。

 受賞選手には賞金50万円、受賞チームには賞金100万円が贈られる。

 なお、表彰の対象となる選手は、規定打席に到達した打者と、先発で120投球回以上または救援で50投球回以上に到達した投手。

 2年連続もしくは3度受賞した選手は、翌シーズン以降の「スピードアップ賞」の対象選手から外れる規定がある。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西