ニュース 2022.12.24. 17:05

松川と佐藤都が中心にマスクを被ったロッテ捕手陣 先発投手との相性はどうだった?

無断転載禁止
ロッテの松川虎生(左)と佐藤都志也(右)

松川が先発マスクを被ると…


 今季のロッテは松川虎生が70試合、佐藤都志也が63試合でスタメンマスクを被るなど、松川と佐藤が中心にマスクを被った。

 ルーキーの松川は石川歩、美馬学といった制球力のあるベテラン、高卒3年目の佐々木朗希とバッテリーを組むことが多く、石川と美馬は先発した20試合全て松川がスタメンだった。特に4月終了時点で石川が6試合・41回1/3を投げて、防御率0.87、佐々木朗希が5試合・36イニングを投げ3勝0敗、防御率1.50だったのも松川のリードによるところが大きい。

 7回を無失点に抑え開幕戦で勝利を挙げた3月25日の楽天戦でのヒーローインタビューで石川歩は「調子自体はそんなに良くなかったんですけど、松川にしっかりリードしてもらって抑えられたと思います。高卒新人じゃないみたいでした」と話せば、4月10日のオリックス戦で完全試合を達成した佐々木朗希もお立ち台で「松川がいいリードしてくれたので、要求に応えながら投げることができたと思います」と感謝した。

 美馬は前半戦、13試合・73回2/3を投げて、5勝6敗、防御率4.15だったが、後半戦は7試合・44回を投げ5勝0敗、防御率0.82とエース級の働き。7回を無失点に抑え今季7勝目を挙げたヒーローインタビューで美馬は「序盤、ストライクが入らない中で、松川がしっかりリードしてくれてなんとか抑えることができた」と話した。

 シーズン最終盤の9・10月は26試合中18試合でスタメン出場し、松川がスタメンマスクを被った時は10勝8敗。ちなみにシーズントータルでは松川が先発マスクを被った試合は37勝33敗と4つの勝ち越しだった。

▼ 松川がマスクを被った時の先発投手成績(※試合途中から被った投球内容も含む)
412回2/3 自責140 防御率3.05
石川 歩 20試 7勝 7敗 防2.88
美馬 学 20試 10勝6敗 防2.91
佐々木朗希 17試 7勝3敗 防2.24
小島和哉 7試 0勝2敗 防4.08
本前郁也 3試 0勝0敗 防3.95
佐藤奨真 3試 1勝1敗 防7.82
種市篤暉 1試 0勝1敗 防9.00

佐藤はロメロ、小島が先発の時にマスク


 佐藤はロメロ、小島和哉、さらに本前郁也、河村説人、鈴木昭汰、佐藤奨真といったファームから昇格してきた投手の時に先発マスクを被ることが多かった。

 佐藤はロメロとバッテリーを組むときは「リズムよく投げさせることが一番いいと思っている」と話すように、試合中の佐藤の動きをよく観察するとロメロが投げ終わったあと、すぐに返球するなどテンポよく投げさせた。

 ロメロが先発した3月29日のソフトバンク戦、柳田悠岐3打席全球スライダー勝負で全打席三振に抑えたことがあった。

 「勝負はスライダーというところになってくるので、どこかでストレートを見せた方がいいのかなと思ったりはしました。ロメロの状態というか、イニング終わって色々話していくなかで、まずは抑えたいというところから入っていった。なので、スライダー、スライダー、スライダーになっていったかなと思います」。

 「ただ、そのあとZOZOマリンでやったときは逆にそのスライダーを狙われている。そこは話し合いの中で、まっすぐ見せていかないと。逆にスライダーを狙われたときにああいう形になると、試合が終わった後に話しをしたりしています。そこは、共同作業かなと思います」。佐藤はロメロと話し合いながら、ベストな形を選択していった。

 今季、松川、佐藤の両捕手とバッテリーを組んだ小島和哉は「今年に関しては(佐藤)都志也、松川だったり、いろんなキャッチャーと組ませてもらった。都志也と組んだから、「小島さんこれちょっと入れていきましょうよ」とか、向こうからも意見をいってもらいましたし、僕からもこういうのを試してみようよというのができました。松川と組んだら新しい部分を引っ張り出してくれたり、たくさんのキャッチャーと組めたのでいろんな部分が見つかりました」と新しい引き出しを見つけることができたようだ。

 ロッテは近年、一人の正捕手を置かず、2、3人体制が続いている。今季は松川と佐藤がメインに被ったが、経験のある田村龍弘、加藤匠馬、柿沼友哉といった捕手陣も黙ってはいないだろう。来季は切磋琢磨して、投手陣の良さをたくさん引き出していきたい。

▼ 佐藤がマスクを被った時の先発投手成績(※試合途中から被った投球内容も含む)
350回1/3 自責141 防3.62
ロメロ 19試 8勝8敗 防3.15
小島和哉 13試 3勝7敗 防2.97
二木康太 9試 2勝4敗 防4.18
本前郁也 7試 2勝2敗 防4.84
佐藤奨真 5試 1勝3敗 防3.90
河村説人 4試 2勝0敗 防3.32
佐々木朗希 3試 2勝1敗 防0.86
鈴木昭汰 3試 1勝1敗 防5.91
森遼大朗 2試 0勝1敗 防11.57
石川 歩 1試 0勝0敗 防9.00

取材・文=岩下雄太

【PR】千葉ロッテマリーンズを観戦するなら「DAZN Baseball」

吉井監督体制2年目を迎えるロッテ。"令和の怪物"佐々木朗希がエースとしてフル回転し、チームを悲願のリーグ制覇へ導けるか注目!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

楽天モバイルなら追加料金ゼロで
パ・リーグが楽しめる!【PR】

楽天モバイル パ・リーグSpecial

楽天モバイルに申し込み「Rakuten最強プラン」を契約すると、公式戦やオリジナル番組を追加料金0円で楽しめます。携帯キャリアを乗り換えず、「デュアルSIM」としての契約もおすすめ。パ・リーグをお得に観戦できるチャンスをお見逃しなく。

POINT

① パ・リーグ主催の公式戦・オリジナル番組が見放題!

② 見逃し配信にも対応! スマホやTVなど好きなデバイスで視聴可能!

③ キャリア乗換不要。お得で手軽な「デュアルSIM」契約もオススメ!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成