ニュース 2023.03.31. 06:29

開幕カードの注目ポイントは?セ・リーグ初の公式配信番組でレジェンドOBが熱論

無断転載禁止
『JERAセ・リーグレジェンドLIVE』が始動

セ・リーグは3月31日に開幕


 プロ野球の新シーズン開幕を目前に控えた3月29日、セントラル・リーグ初の公式配信番組『JERAセ・リーグレジェンドLIVE』が始動。記念すべき第1回目の放送では、セ・リーグ6球団を代表するレジェンドOBたちが開幕カードをテーマにトークを展開した。

 同番組は今年から新設されたリーグ公式表彰「月間JERAセ・リーグAWARD」の選考会を兼ねて月に1度配信される新番組で、今回は31日(金)に迫ったセ・リーグ開幕にフォーカス。宮本慎也氏(ヤクルト)・佐々木主浩氏(DeNA)・鳥谷敬氏(阪神)・高橋由伸氏(巨人)・前田智徳氏(広島)・川上憲伸氏(中日)という6名のレジェンドOBが、自チームの強みや見どころについて語った。


巨人-中日(東京ドーム/18時15分)


 昨年と同じカードとなった巨人-中日の開幕戦。巨人OBの高橋由伸氏は、今年のチームについて「実績ある選手たちが多く、そこに楽しみな若い選手が投打で出てきた。そこがうまく噛み合って1年間回っていけば、層の厚さという部分は強みになってくる」とコメント。

 対戦する中日に関しては「投手力が抜群に良い」と印象を挙げながら、「先発も2ケタ勝つんじゃないかという投手が4人、5人と名前が挙がってくる。安定した戦いをしてきそうだなと見ています」と警戒した。


 これを受けて、中日OBの川上憲伸氏は「昨年のオフからチームも大きく変わっている。ここに来て離脱者が出ている点は気がかりだが、新外国人選手やルーキーの福永裕基選手もラインナップに入ってきそうで、新戦力に期待したい」と新風を吹き込む選手の登場に注目。

 そのうえで、巨人に対しては「昨年は同じカードで、接戦にはなったが勝ち切れなかった(1勝2敗)。まずはこの開幕カードで連勝、なんとか勝ち越して良い形でスタートしたい」とし、昨年のリベンジに期待を寄せた。


ヤクルト-広島(神宮/18時00分)


 続いてリーグ3連覇を目指すヤクルトについて、OBの宮本慎也氏は「得点力という部分は問題ないかなと見ている。ただ投手陣では、抑えをどうするかという問題はある」と語り、クローザーのスコット・マクガフが退団した影響に言及。

 また、先発陣についても「ドラフト1位の吉村貢司郎投手が加わり、あとは奥川恭伸投手がどのタイミングで戻ってくるか。中10日でも先発陣に加わってくれたら大きい」とし、先発・リリーフを含めた投手陣の確立を3連覇のカギに挙げた。


 一方、対する広島のOB・前田智徳氏も“投手陣”をチームのポイントに挙げ、「特にリリーフ陣。栗林良吏投手も開幕には間に合いそうだが、万全と言えるかは分からない状況。昨年苦しんだセットアッパーの部分で、ニック・ターリー投手やルーキーたち、現役ドラフト組の戸根千明投手といったところで7回・8回をいかにして乗り切るか」とコメント。

 最後に新井貴浩新監督について、「オープン戦を見ていても、あまりメンバーは固定していなかった。シーズンに入っても若い選手を使いながら、チームとしても日々成長という形でいくのかなと」と語り、その起用法も今季の注目すべき点とした。


阪神-DeNA(京セラD大阪/18時00分)


 最後は昨年のクライマックスシリーズでも激突した阪神とDeNAの戦い。阪神OBの鳥谷敬氏は「昨年はDeNAとかなり相性が悪かった(阪神視点で9勝16敗)」と昨季の対戦成績に着目する。

 「新たなシーズンになり、監督も岡田彰布新監督に変わっているので、阪神の選手たちが気にすることはないと思うが、DeNA側は当然良いイメージで臨んでくる。なんとかこの開幕カードで勝ち越して、嫌な印象を拭っておきたい」と続け、昨季のリベンジを期す意味でも重要な3連戦になるとした。


 しかし、対するDeNAから見ても、「阪神は一番嫌なチーム」と佐々木主浩氏。「投手陣が良く、なかなか点を取ることができない。また岡田新監督に変わることで、作戦面も変わってくる。手強いなと思います」と警戒する。

 特にDeNAは強力打線の印象もある一方で、「打つイメージはあるが、なかなか得点に繋がらない部分もある」と言うように、昨季はリーグ2位のチーム打率.251をマークしながら、総得点はリーグ4位の497点に留まった。

 佐々木氏は「走ると言ってもなかなか難しいが、なんとかひとつでも先の塁を奪うという意識を持って、得点を奪うことができれば」とし、強力な阪神投手陣の攻略をポイントに挙げた。



【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。
単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額3,700円(税込)のところ、本プランなら月額2,980円(税込)だからとってもお得です。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

② プロ野球をはじめとする様々なスポーツ、アニメ・エンタメが見放題で楽しめる!

③ 新規入会月から3カ月間、「DMMポイント」を毎月550ポイント付与!

【PR】巨人戦を観るなら「Hulu」で!

hulu

「Hulu」とは、映画や海外ドラマ、アニメ、バラエティーなどが見放題で楽しめる月額1,026円(税込)のサービス。巨人主催の公式戦全試合を配信しているため、巨人ファンには特におすすめです。

POINT

① 一般的な動画配信サービスよりもお手頃な価格で楽しめる!

② 巨人戦以外にも幅広いエンタメ作品を見放題で堪能できる!

③ 初回加入時は2週間の無料トライアル体験が可能!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西