ニュース 2023.05.05. 21:10

阪神・大竹、7回無失点で4勝目!防御率は0.36 佐々岡氏「打てそうで打てない」

無断転載禁止
阪神・大竹耕太郎 (C) Kyodo News
2023.05.05 18:00
広島東洋カープ 0 終了 5 阪神タイガース
マツダスタジアム
● 広島 0 - 5 阪神 ○
<6回戦・マツダ>

 阪神の先発・大竹耕太郎は5日の広島戦、7回を無失点に抑え、今季4勝目を挙げた。

 大竹は2-0の初回、先頭の菊池涼介、上本崇司の連打で一、三塁のピンチを招いたが、無失点で切り抜けると、2回以降はリズム良く打たせてとるピッチングでスコアボードに0を並べた。

 5日にニッポン放送で放送された広島-阪神戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた佐々岡真司氏は大竹について、「打てそうで打てない。真っ直ぐがそこまで速くない中で、打てるんじゃないかなと見ながらも、なかなか打てない。真っ直ぐはポップフライになるということは、真っ直ぐ自体が球速以上にキレがあるからポップフライになっているんでしょうね」と分析。「テイクバックが小さい中でもホームベース上での球の強さ、キレというところが感じるかもしれませんね」と話していた。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM