ニュース 2023.05.10. 06:44

楽天・早川が8回に痛恨の2被弾…齊藤明雄氏「一番やってはいけないところに…」

無断転載禁止
楽天 早川隆久

打線の援護なく8回に力尽きる


 楽天・早川隆久は9日のオリックス戦に先発し、8回5安打2失点で今季3敗目を喫した。

 早川は6回まで許したヒットは1本のみと完璧なピッチングを披露。しかし、8回に先頭のゴンザレスに真ん中に入ったストレートを捉えられ5号ソロで先制点を許すと、二死後に佐野皓大に甘く入ったチェンジアップを拾われ1号ソロを浴びた。

 9日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した解説者の齊藤明雄氏は「立ち上がりは(オリックスの)宮城より良かった。角度のある真っすぐがアウトローにビシビシ決まり、強打者にはチェンジアップを低めに集めて今日は何個三振を取るのかなと思ったくらい良い立ち上がりでした」と振り返り、「8回まで(援護がない中)我慢して投げていたんですが、(ゴンザレスに対して)一番やってはいけないところにスッと真ん中に入ってしまった。腕の振りが緩んで(球の)勢いがなくなったのでスタンドまで持っていかれてしまった。スタミナ切れではなく腕の振りが弱くなっただけだと思いますので、今日はもったいなかった」と、痛恨の失投を指摘した。

 一方で、4安打に終わった楽天打線については、「浅村を2番にするなど打線をいじってきたんですけど、あと1本が出ないですね」と語り、「今日は3回の攻撃ですよね。ワンアウト一・二塁で鈴木大地のライトオーバーかなという打球を浅村が判断ミスで戻れなかった。本来ならばハーフウェイで(捕球されたか抜けたかを)見なければいけなかったんですが二塁を踏んでいましたからね。勝てないから、点がほしいから焦ってしまっているのかなと。ベテランらしくないと思いました」と、先制点を奪う絶好の機会を逸した走塁ミスに苦言を呈した。

 楽天はこれまでチーム打率.211、防御率3.15といずれもリーグワーストを記録するなど、投打で苦しい状況が続いている。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2023』

【PR】東北楽天ゴールデンイーグルスを観戦するなら「DAZN Baseball」

今江敏晃新監督のもと、11年ぶりの日本一を目指す楽天。則本昂大のクローザー転向や浅村栄斗のサードへのコンバートなど、チーム改革が功を奏するか。

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

楽天モバイルなら追加料金ゼロで
パ・リーグが楽しめる!【PR】

楽天モバイル パ・リーグSpecial

楽天モバイルに申し込み「Rakuten最強プラン」を契約すると、公式戦やオリジナル番組を追加料金0円で楽しめます。携帯キャリアを乗り換えず、「デュアルSIM」としての契約もおすすめ。パ・リーグをお得に観戦できるチャンスをお見逃しなく。

POINT

① パ・リーグ主催の公式戦・オリジナル番組が見放題!

② 見逃し配信にも対応! スマホやTVなど好きなデバイスで視聴可能!

③ キャリア乗換不要。お得で手軽な「デュアルSIM」契約もオススメ!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成