ニュース 2023.06.07. 21:35

阪神、新打線が機能し快勝 佐藤輝2三塁打3打点、3番抜擢の前川は初マルチ

無断転載禁止
阪神・前川右京 (C)Kyodo News
2023.06.07 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 3 終了 11 阪神タイガース
楽天モバイル
● 楽天 3 - 11 阪神 ○
<2回戦・楽天モバイル>

 阪神は組み替えた打線が14安打11得点と機能。敵地で楽天に快勝し貯金は再び「18」となった。

 阪神は両軍無得点で迎えた3回、3番に抜擢された高卒2年目・前川の内野安打などで一死満塁の好機を作ると、5番・佐藤輝が走者一掃の3点適時三塁打を右中間へ運び3点を先制。1点差に迫られた5回も佐藤輝の右中間三塁打で一死三塁とし、6番・梅野の右前適時打で4点目を加えた。さらに敵失で一死一、三塁とし、8番・小幡が鮮やかなセーフティスクイズを決め5点目。楽天先発・田中将をこの回限りでノックアウトした。

 7回は7番・ミエセスが4号ソロをバックスクリーン右へ運び6点目。9回は途中出場・小野寺の左前2点適時打、9番・島田の右翼線2点適時三塁打などでダメ押しの5点を加えた。前川は5打数2安打でプロ入り初のマルチ安打を記録。ミエセスも貴重な追加弾含む2安打1打点、小幡と島田もマルチ安打を記録するなど打線がつながった。

 先発の西勇は3回、一死から連続ソロ本塁打を浴び2点を失うも、5イニングを2失点でまとめ勝利投手の権利をゲット。6回は二死一塁で初球を投じたあとバランスを崩し、大事を取り降板となった。

 急遽マウンドに上がった2番手・及川が、1回1/3を無失点に抑える好救援。7回以降は楽天打線の反撃を1点に抑え、6回途中8安打2失点の西勇は3勝目(4敗)を挙げた。
ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西