ニュース 2023.06.15. 14:01

元ヤクルト・マクガフ、失策絡みで不運5敗目も…12戦連続自責点0で防御率2.80

無断転載禁止
ダイヤモンドバックスでプレーするスコット・マクガフ
● ダイヤモンドバックス 3 - 4 フィリーズ ○
<現地時間6月14日 チェイス・フィールド>

 ダイヤモンドバックスのスコット・マクガフ投手(33)が14日(日本時間15日)、本拠地でのフィリーズ戦に救援登板。2イニング目となった延長10回に失策絡みで失点し、今季5敗目(0勝12ホールド)を喫した。

 昨季までヤクルトの守護神を務めていた右腕は、3-3の同点で迎えた9回表に4番手として登板。先頭の6番・ストットを93.5マイル(約150.5キロ)の高め直球で二ゴロに仕留めると、続くクレメンスはカウント2-2と追い込み、最後は93.5マイル(約150.5キロ)の直球で見逃し三振に仕留めた。

 二死後、8番・ソーサに左翼線への二塁打を許したが、最後は元エンゼルスの9番・マーシュを93.2マイル(約150キロ)の直球で空振り三振斬り。勝ち越し点を許さずスコアボードにゼロを刻んだ。

 無死二塁から始まる延長10回も続投し、まずは昨シーズン本塁打王に輝いた先頭の1番・シュワバーを91.6マイル(約147キロ)の内角直球で捕邪飛に仕留めた。続くターナーも平凡な飛球に退けたと思われたが、この打球を二塁手と右翼手が交錯し落球。思わぬ失策で一死二、三塁のピンチを招いた。続くカステラノスに中犠飛を許し、決勝点となる三塁走者が生還。最後は4番・ハーパーを一ゴロに仕留め最少失点で凌いだが、その裏、ダイヤモンドバックス打線は無得点に終わり敗戦投手となった。

 不運な形で黒星がついたものの、2回30球、1安打1失点(自責点0)、2奪三振無失点の好投。10試合ぶりの失点が記録されたものの、5月14日(同15日)のジャイアンツ戦から12試合連続で自責点0。防御率は2.80に良化した。

【PR】メジャーリーグ視聴は「SPOTV NOWパック」がおすすめ

U-NEXTが提供する「SPOTV NOWパック」とは、U-NEXTと契約することでSPOTV NOWが実質無料で利用できるプラン。月額2,000円(税込)ですが、U-NEXT会員には毎月1,200ポイント(1,200円相当)が付与されるため、ポイント利用によってU-NEXTのコンテンツをお得に視聴できます。

POINT

① U-NEXTの「SPOTV NOWパック」ならSPOTVでは非対応のTV視聴も可能!

見放題のエンタメ作品数NO.1を誇るU-NEXTでメジャーリーグ&エンタメを堪能!

下記リンクからの申し込みで、しっかりポイントをゲット!

【PR】「ABEMA」ならエンゼルス戦・レッドソックス戦が毎日視聴可能!

ABEMA × MLB

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でエンゼルス戦を含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。ただし、無料配信は一部のため、日本人メジャーリーガーの活躍をすべて観るなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

POINT

① ABEMAプレミアムならすべてのエンゼルス戦が視聴可能!TV視聴も可能!

追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!

③ 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西