ニュース 2023.08.09. 06:29

紙一重の本塁憤死…同点を逃した巨人・秋広優人の走塁に高木豊氏「スライディングが下手」とバッサリ

無断転載禁止
8回、巨人無死一・二塁、岡本和の二塁打で一走秋広が本塁突くがタッチアウト(C)Kyodo News

勝敗を分けた幻の同点生還


 阪神打線が3回途中で巨人先発の菅野智之をKOし、一方的なゲームになるかと思われた「伝統の一戦」だったが、巨人の主砲・岡本和真の活躍もあり、終わってみれば7-6と阪神の薄氷の勝利となった。

 8日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』では巨人が3点を追う8回、秋広優人のタイムリーで2点差に。なお1-2塁のチャンスに岡本和真が左中間へ二塁打を放ち、二走に続いて、一走・秋広が同点の走者としてホームを狙ったが、1度はセーフ判定もリプレー検証の結果、本塁アウトに覆った場面に解説の高木豊氏が着目。3つの点について細かく解説した。

 まず「中継プレーは見事だったですね」と阪神の守備陣は素晴らしかったとしながら、次に巨人サイドに目を向けた。「アクシデントもあって試合途中でレギュラー二人代えたんですよね。坂本(勇人)と大城(卓三)を代えているんですよ。それで代走ということも考えたと思うんですけれども、やっぱり(ベンチに)人がいなくなるんですよね」とすでに交代のカードを切っていたことでランナーをそのままにしたと分析。

 また「サードコーチャーとすれば、回すか回さないかは非常に悩んだと思うんですけど、次(打者)が岸田(行倫)なんですよ。大城だったら止めていたかもしれないですよ。岸田ということで回したかもしれない」と次打者の力量と天秤にかけての判断だったのではないかと推測した。

 併せて「ただスライディングが下手。ちょっと足が浮いているのでその分アウトだったかなと言う感じがしますね」と秋広の走塁技術に対してはキッパリとダメ出しした。

 様々な要因が詰まったワンプレーは、結果的に勝敗を分けるビッグプレーとなった。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2023』

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。
単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額3,700円(税込)のところ、本プランなら月額2,980円(税込)だからとってもお得です。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

② プロ野球をはじめとする様々なスポーツ、アニメ・エンタメが見放題で楽しめる!

③ 新規入会月から3カ月間、「DMMポイント」を毎月550ポイント付与!

【PR】巨人戦を観るなら「Hulu」で!

hulu

「Hulu」とは、映画や海外ドラマ、アニメ、バラエティーなどが見放題で楽しめる月額1,026円(税込)のサービス。巨人主催の公式戦全試合を配信しているため、巨人ファンには特におすすめです。

POINT

① 一般的な動画配信サービスよりもお手頃な価格で楽しめる!

② 巨人戦以外にも幅広いエンタメ作品を見放題で堪能できる!

③ 初回加入時は2週間の無料トライアル体験が可能!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西