ニュース 2023.09.14. 22:16

DeNA・東克樹がまたもチームを救う快投!破竹の10連勝に指揮官も最敬礼

無断転載禁止
DeNA・東克樹 [写真=萩原孝弘]

完投目前の降板には悔しさもにじむ


 DeNAの勝ち頭・東克樹がまたまた嫌な流れを止める快投を見せ、貴重な勝ち星をチームにもたらした。

 先発の東は中日打線に対し、4回までわずか1安打に抑える快調なスタート。しかし、牧秀悟のソロで先制点をもらった直後の5回表、ダヤン・ビシエドに同点弾を浴びると悔しさをあらわにした。

 それでも、6回表一死二塁のピンチは中軸の細川成也と石川昂弥をしっかりと料理。勝ち越し点は与えない。左腕の意地に応えるように、打線も6回裏にネフタリ・ソトの2ランで勝ち越し点を奪った。


 終盤8回には牧、そしてソトにもう一発が飛び出すなど一挙5得点。二死二・三塁で巡ったチャンスでは、東が自ら2点適時打を放ってリードを7点に拡大すると、そのまま9回表のマウンドへ。

 一死からビシエドに再び被弾し、8-3となったところで降板となったものの、106球で10奪三振・3失点の見事なピッチングだった。


 しかし、東は最後まで投げきることができなかった点について「悔しいです。最後を締めきれない、後味の悪い展開になってしまったので自分としては悔しいです」と唇を噛む。

 それでも、この日の投球に関しては「いつも通りストライク先行でやっていった中で、しっかり打たせて取ることができた。ヒットでランナーを出したとしても、得点圏にランナーを進められたとしても、その後をしっかりと抑えることを意識して投げることができたので、8回までを最少失点で抑えることができたかなと思います」と語り、8回まではプラン通り投げられたと振り返る。

 また、8回に自身で放った適時打には「あの回は打線の流れ的にも、球場の雰囲気的にもボルテージが上がっていたので、そこで打つ気のない三振をするよりは打者として攻撃に参加したほうがいい結果が生まれるのではないかと考えた」と言い、「監督に打ちますと直訴しました」とのこと。

 そして、打席に向かうまでを振り返りながら「(山本)祐大があそこで打ってしまったので」と笑い、二死から打順を繋いだ“相方イジり”も忘れなかった。


 三浦大輔監督も東については「今日もテンポよく、ストライク先行で良かったと思います。しっかりとアウトローに投げられていた」と高評価。

 7連戦の日程の中でも中継ぎを一人しか使わなかった内容に「大きいですね。あと2つというところで完投させてあげたかったですけれども、よく投げたと思います」と左腕を労った。


 この日、甲子園で阪神が勝利したためリーグ王者は決まったが、「次の目標に向かって進んでいきたいと思います」と2位でのクライマックスシリーズ進出に向けて照準を切り替えた指揮官。

 本拠地でCSを戦うためにも、この1勝を良い形で繋げていきたい。


取材・文=萩原孝弘

【PR】横浜DeNAベイスターズを観戦するなら「DAZN Baseball」

三浦大輔監督就任4年目となる今季、目指すは26年ぶりのリーグ優勝&日本一。新キャプテンの牧秀悟や期待の新人、度会隆輝がチームを牽引できるか注目!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

② DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!

③ 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成