ニュース 2023.09.17. 13:45

鈴木誠也、PS進出争うライバルが最大級の警戒 2敬遠含む4出塁もカブス4連敗

無断転載禁止
カブス・鈴木誠也
○ ダイヤモンドバックス 7x - 6 カブス ●
<現地時間9月16日 チェイス・フィールド>

 カブスの鈴木誠也外野手(29)が16日(日本時間17日)、敵地でのダイヤモンドバックス戦に「6番・右翼」で先発出場。3打数1安打、2敬遠含む3四球で4出塁をマークしたが、チームは延長13回までもつれた接戦を落とし4連敗となった。

 ダイヤモンドバックスの先発右腕・デービーズと2度対戦し、2回の第1打席は四球で出塁。4回の第2打席は三ゴロに倒れたかと思われたが、鈴木は全力疾走で一塁を駆け抜けタイミングは間一髪。一塁塁審はアウトのジャッジを下したが、鈴木は自らベンチへチャレンジを要求し、この判定がセーフに覆り結果は内野安打となった。

 3番手右腕・カストロと対戦した6回の第3打席は見逃し三振。5番手右腕・ギンケルと対戦した8回の第4打席は二ゴロに倒れた。同点で迎えた延長10回の第5打席は、1点を勝ち越しなおも二死二塁の好機だったが、ここは勝負を避けられ申告敬遠。再び追いつかれ、一死二塁だった12回の第6打席も勝負を避けられ2打席連続敬遠となった。

 前日の同戦で豪快な18号2ランを放ち、この試合前まで9月の月間打率.379と好調な鈴木を、ダイヤモンドバックスベンチは要警戒。この日は3打数1安打、2度の申告敬遠含む3四球1三振の打撃結果で打率は.278、OPSは.823となった。

 先攻のカブスは二死無走者で始まる延長戦で1点ずつを勝ち越すも、その裏に追いつかれるもどかしい展開。13回も1点を勝ち越したが、その裏に2点を失い逆転サヨナラ負けを喫した。最後は7番手のウェスネスキが右前適時打を許し、右翼・鈴木が懸命にバックホームするも二塁走者がサヨナラの生還。カブスベンチはチャレンジしたが判定は覆らなかった。

 カブスは4連敗で貯金7。依然、ワイルドカード2位の座はキープしているが、同3位で並ぶダイヤモンドバックスとレッズに0.5ゲーム差に迫られた。

メジャーリーグ視聴は「SPOTV NOWパック」がおすすめ

U-NEXTが提供する「SPOTV NOWパック」とは、U-NEXTと契約することでSPOTV NOWが実質無料で利用できるプラン。月額2,000円(税込)ですが、U-NEXT会員には毎月1,200ポイント(1,200円相当)が付与されるため、ポイント利用によってU-NEXTのコンテンツをお得に視聴できます。

POINT

① U-NEXTの「SPOTV NOWパック」ならSPOTVでは非対応のTV視聴も可能!

見放題のエンタメ作品数NO.1を誇るU-NEXTでメジャーリーグ&エンタメを堪能!

下記リンクからの申し込みで、しっかりポイントをゲット!

「ABEMA」ならエンゼルス戦・レッドソックス戦が毎日視聴可能!

ABEMA × MLB

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でエンゼルス戦を含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。ただし、無料配信は一部のため、日本人メジャーリーガーの活躍をすべて観るなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

POINT

① ABEMAプレミアムならすべてのエンゼルス戦が視聴可能!TV視聴も可能!

追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!

③ 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西