ニュース 2023.12.10. 08:37

大谷翔平がドジャースと契約合意!過去に所属した日本人選手は?

無断転載禁止
エンゼルス・大谷翔平
 大谷翔平のロサンゼルス・ドジャースへの移籍が決定した。

 ドジャースでプレーする日本人選手は大谷が10人目となる。初めてドジャースでプレーした日本人選手は95年の野茂英雄だ。近鉄からドジャースに移籍した野茂は、メジャーに“トルネード旋風”を巻き起こし、1年目の95年に13勝を挙げ、同年から3年連続二桁勝利をマーク。95年には最多奪三振、新人王のタイトルを獲得した。98年途中にニューヨーク・メッツに移籍するも、02年にドジャースに復帰。同年には石井一久がドジャースに入団した。

 野茂が02年から2年連続で16勝を挙げれば、石井も負けじと1年目から14勝(10敗)、9勝(7敗)、13勝(8敗)と先発として活躍。木田優夫も03年と04年にドジャースでプレーし、2年間で6試合に登板した。中村紀洋も05年にプレーし、17試合に出場した。

 06年には斎藤隆がドジャースに加入。斎藤は1年目から24セーブを挙げると、翌07年には39セーブ、08年も18セーブと3年間で81セーブをマークした。

 斎藤がドジャース最終年となった08年に広島から黒田博樹が加わった。1年目の08年が9勝(10敗)、09年が8勝(7敗)、3年目の10年に初めて二桁11勝(13敗)を挙げると、4年目の11年には13勝(16敗)と、ローテーションを守り続けた。

 黒田が退団した後、4年間ドジャースに日本人プレーヤーがいなかったが、16年に黒田が日本時代にプレーしていた広島から前田健太が入団。前田は1年目の16年から16勝(11敗)を挙げると、在籍した4年間で3度の二桁勝利を達成した。

 ダルビッシュ有も17年途中から同年シーズン終了までプレー。21年には筒香嘉智が所属し、12試合に出場して打率.120だった。

 大谷はドジャースでは、筒香が退団して以来3年ぶりの日本人選手。エンゼルス時代に2度リーグMVPに輝いた大谷に、新天地となるドジャースでもエンゼルスと変わらぬ活躍に期待したい。

▼ドジャースに所属したことのある日本人選手
野茂英雄(95〜98年、02〜04年)
石井一久(02〜04年)
木田優夫(03〜04年)
中村紀洋(05年)
斎藤 隆(06〜08年)
黒田博樹(08〜11年)
前田健太(16〜19年)
ダルビッシュ有(17年)
筒香嘉智(21年)
大谷翔平(24年〜)

【PR】メジャーリーグ視聴は「SPOTV NOWパック」がおすすめ

U-NEXTが提供する「SPOTV NOWパック」とは、U-NEXTと契約することでSPOTV NOWが実質無料で利用できるプラン。月額2,000円(税込)ですが、U-NEXT会員には毎月1,200ポイント(1,200円相当)が付与されるため、ポイント利用によってU-NEXTのコンテンツをお得に視聴できます。

POINT

① U-NEXTの「SPOTV NOWパック」ならSPOTVでは非対応のTV視聴も可能!

見放題のエンタメ作品数NO.1を誇るU-NEXTでメジャーリーグ&エンタメを堪能!

下記リンクからの申し込みで、しっかりポイントをゲット!

【PR】「ABEMA」ならエンゼルス戦・レッドソックス戦が毎日視聴可能!

ABEMA × MLB

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でエンゼルス戦を含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。ただし、無料配信は一部のため、日本人メジャーリーガーの活躍をすべて観るなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

POINT

① ABEMAプレミアムならすべてのエンゼルス戦が視聴可能!TV視聴も可能!

追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!

③ 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西