ニュース 2023.12.02. 10:00

ロッテ・松川虎生、2年目の今季「悔しい日々になりました」と振り返るも「二軍にいたからこそいい経験もあった」

無断転載禁止
ロッテの松川虎生(撮影=岩下雄太)
 「悔しい日々になりましたけど、4月に初めて二軍のところでいい経験をすごくさせてもらいましたし、最後に一軍に戻ってきて試合に出てということができた。すごくいい期間だったと思いますし、二軍にいたからこそいい経験もあったと思うので、そこはすごく良かったのかなと思います」。

 ロッテの松川虎生はプロ2年目の今季をこう振り返った。

 プロ1年目の昨季は、高卒新人捕手としてはNPB史上3人目となる開幕スタメンマスクを被ると、佐々木朗希が完全試合達成した4月10日のオリックス戦では先発マスクを被り、自身もプロ野球新記録となる捕手ゲーム20守備機会、プロ野球タイ記録となる捕手ゲーム19刺殺を記録した。さらにはオールスターゲームでもファン投票で選出され、第2戦でオールスター初安打をマーク。佐々木朗、石川歩、美馬学が先発する時にはスタメン出場し、チームトップの70試合で先発マスクを被るなど、シーズン通して1度もファームに降格することなく、1年間一軍で戦い抜いた。

 「打つか勝つかだと思うので、あとはピッチャーにどう信頼されるかだと思うので、そこで信頼してもらえるようにこのオープン戦からやっていきたいと思いますし、このキャンプで取り組んできたことをしっかり出せていければいいかなと思います」。

 今季も開幕一軍を掴み、美馬、佐々木朗が先発登板の時に先発出場していたが、佐々木朗には4月6日の日本ハム戦で6回無失点の好リードも、美馬は2試合・8回1/3を投げ7失点、4月12日に一軍登録抹消となり、打撃面で課題を抱えていた松川も4月13日にプロ入り後初めて一軍登録抹消となった。

 「打撃の部分ではボールに入っていきながら自分のポイントで捉えられるようにというところと、守備の面ではピッチャーの配球でどれだけストレートを通していつ変化球を投げるのかというところのタイミングを測りながらやっているのかなと思います」。

 ファームの経験は将来に向けてプラスになっているのかーー。

 7月12日に取材したときに松川は「去年全然できなかったこと、自分と向き合いながら練習ができています。すごくいい練習かなと思いますし、しっかり次に繋げていける力というか、そういう部分は大事かなと思います」と前向きに捉えた。

 具体的に去年全然できなかったことについて、「試合に出るところもそうですけど、その後のバッティング、ウエイトトレーニングとかが全然できていなかったので、今はできているのかなと思います」と、昨年は佐藤都志也との併用で試合に出場しない日もあったが、ファームでは捕手として出場しない日には指名打者で出場したりと、ほぼ休みなく出場し、試合後もウエイトトレーニングなどでパワーアップを図った。

「あんまり結果が出てない時も使っていただけましたし、そういうところで1打席1球というところを大切にしていかないといけないなと思ってやってきました。キャッチャー以外でも指名打者でも使ってもらっているので、しっかり自分のモノにできればなと思ってやっていました」。

 ファームでの打率は.233(326-76)だったが、9月の月間打率は.400(35-14)、5打点、9月12日の巨人二軍戦から9月19日のヤクルト二軍戦にかけて4試合連続安打、そのうち3試合が複数安打。「ファームでやってきてコツというか、いい感じで栗原さんにバッティングのところで教えてもらったので、それをしっかり継続できるように。それが試合でちょっとずつできていると思うので、もっともっと1球で捉えられるように、タイミングの取り方であったり、間を大事にやっていきたいと思います」。9月15日の西武二軍戦、伊藤翔が投じた初球の126キロのスライダーを振り抜き、レフトオーバーの適時二塁打、続く打席では三浦大輝が2ボール1ストライクから投じた4球目の143キロストレートを右中間に破る二塁打と、共に素晴らしい打撃だった。

 9月28日に特例2023の代替指名選手で4月13日に一軍登録抹消されて以来の一軍昇格を果たすと、同日の日本ハム戦で守備から途中出場し、9回に回ってきた最初の打席で守護神・田中正義が1ボール2ストライクから投じた4球目の136キロフォークをレフト前に弾き返した。

 「1打席大事になってくると思うので、しっかり初球から振りにいけていますし、それをしっかり捉えられる、もう1個タイミングが遅いと思うので、タイミングを自分のポイントで打てるように引き続きやっていきたいと思います」。

 4月11日の西武戦以来となるスタメンマスクを被った10月2日の西武戦でも、2-1の2回一死走者なしの第1打席、エンスが投じた初球のカットボールをセンター前に運び、2試合連続安打をマーク。3-2の4回一死三塁の第2打席では、初球できっちりとスクイズを決めた。

 シーズン最後まで一軍で戦い抜くと、クライマックスシリーズでもソフトバンクとのファーストステージ第1戦、オリックスとのファイナルステージ第1戦で先発マスクを被った。

 「初めてのポストシーズンを経験できて、負けられない戦いが続く中でスタメンで出てすごくいい経験になったり、悔しい経験もできたので来年に繋げられたらなと思います」。

 来季に向けて松川は「二軍でいた日々も一軍で出たいなとすごく心の中で思っていました。143試合しっかりチームに貢献できるように、レギュラーでマスクを被れるように来年はやっていければなと思います」と意気込んだ。

 143試合チームに貢献するために、「勝つことがすごく大事だと思う。それまでの配球だったり、バッターの特徴を見ながら攻めるところを攻められたら。配球の部分で大事かなと思いますし、盗塁阻止率も大事になってくると思うので、そこが課題だと思っています。盗塁阻止率を上げていけたらなと思います」と、守備でのアピールを誓った。

 田村龍弘、佐藤都志也とライバルは多いが、1試合でも多くチームの勝利に貢献するため、しっかりとオフは自身の課題と向き合い、2月の春季キャンプからアピールできる準備を整えたい。

取材・文=岩下雄太

【PR】プロ野球を観戦するなら「DAZN Baseball」

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

春季キャンプ、オープン戦、公式戦、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

③ DAZN初契約の場合、2024年2月29日までの契約で初月無料!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額3,700円(税込)のところ、本プランなら月額2,980円(税込)だからとってもお得です。

※2024年3月1日(金)以降のDMM×DAZNホーダイ新規契約・再契約は、月額3,480円(税込)となります。
※DAZN Standardは2024年2月14日(水)以降、月額4,200円(税込)となります。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

2月29日までの契約で料金据え置き! 月額3,000円以下のプランは今だけ!

③ 3月以降の単体契約と比べると、2月中の契約なら月額1,770円もお得!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西