ニュース 2023.12.04. 10:00

ロッテ・友杉篤輝、最後まで一軍でプレーできず「悔しかった」来季は「全ての数字を今年を上回れるように」

無断転載禁止
ロッテ・友杉 (C)Kyodo News
 「悔しかったです」。

 ロッテの友杉篤輝は、今年の1年を一言でこう振り返った。

 天理大からドラフト2位でロッテに入団。昨年12月7日に行われた新入団選手発表会では「開幕のスタートからチームの戦力になるというのが重要になってくると思って一生懸命頑張りたい」と誓った。春季キャンプでは2月11日の楽天モンキーズとの国際交流試合で守備から出場し、実戦初出場を果たす。3-0の8回の第1打席、中飛に倒れるも、「自分の持ち味でもあるので、あそこで塁に出られたら良かったですけど」と、1ボール2ストライクから5球連続でファウルで粘りを見せた。翌12日の試合では実戦初安打を含む2安打2打点の活躍。

 練習試合が始まってからも2月26日のDeNAとの練習試合で、NPBとの対外試合初安打を記録し、2月22日のDeNAとの練習試合でマルチ安打とアピールした。オープン戦が始まるとパタリと当たりが止まり、3月24日終了時点では打率.083。3月25日の中日とのオープン戦、0-0の初回無死一塁でカリステのセンター前に抜けそうな当たりをスライディングキャッチして二塁へトスしてアウト。セカンド・中村が一塁へ送球し併殺完成させると、打っても先発・柳裕也から2安打するなど3安打。

 「最後のチャンスだと思ってあの試合に出ていたので、そういうのから開幕から残れているのかなとすごく感じています」。

 これで勢いがついた。4月1日のソフトバンク戦で藤岡裕大の代打で登場しプロ初出場すると、翌2日のソフトバンク戦で『2番・遊撃』でプロ初スタメン。0-4の6回一死走者なしの第3打席、先発・東浜巨が1ボール1ストライクから投じた3球目の143キロストレートをショートへ内野安打でプロ初安打を放った。藤岡と併用でスタメン出場し、プロ初安打した4月2日のソフトバンク戦からスタメン出場した試合は6試合連続安打するなど、4月終了時点の打率は打率.306。

 4月26日の西武戦では1-1の7回一死一、三塁で本田圭佑の3ボール2ストライクから投じた7球目の130キロシンカーを強引にバットに当てに行き一塁ゴロで、三塁走者の岡を生還させたこともあった。

 走塁でも、「まだまだミスがあったり、課題はすごいあるんですけど、先の塁を狙う意識はすごくしている。課題はありますけど、そこは続けていきたいと思います」と、4月2日のソフトバンク戦、0-4の6回一死一、二塁で中村の三塁ゴロで、三塁・栗原がベースを踏もうとした時に、二塁走者・友杉がスライディングで、間一髪足が速くセーフになる好走塁。角中の適時打で今季初のチーム得点に結びつければ、4月18日の日本ハム戦、1-1の4回二死三塁で安田尚憲の1ボール1ストライクからの3球目、捕手の横に弾いただけの暴投だったが、三塁走者の友杉は俊足を飛ばしてスライディングすることなくホームイン。

 ショートの守備でも「すごいそれは一番はエラーなくこれているのが一番だと思うので、守備範囲に関しては自信を持ってやっている。まだ出せているかなと思います」(5月18日取材時点)と、センターへ抜けていきそうな打球を何度もアウトにした。攻走守に抜群の存在感を放った。

 5月(.259)と6月(.233)は月間打率2割台も、6月5日の阪神戦では7打席で30球投げさせれば、6月15日の中日戦では0-0の初回無死二塁の第1打席、柳が2ボール1ストライクから投じた4球目の143キロストレートを一ゴロで二塁走者・藤原を三塁へ進め、続く中村のライト前先制適時打に繋げた。打てなくても進塁打を打ったり、犠打で繋いだりチームプレーをしっかり果たした。

 前半戦を打率.282、7打点、7盗塁で終えると、前半戦を終えた翌18日にはフレッシュオールスターにも出場。「試合前はホームランを狙っていましたが、ほど遠かったです!ただしっかりと2本打てたことは良かったです」とレフトに引っ張った安打を2本放った。

 フレッシュオールスターを境に引っ張った安打が増えた印象だ。オールスター明けは後半戦最初の打席となった7月24日のソフトバンク戦、0-1の初回無死走者なしの第1打席、石川柊太から左中間を破る二塁打を放てば、7月26日の西武戦でも、1-2の6回一死走者なしの第3打席、與座海人が1ボール1ストライクから投じた3球目の127キロストレートをレフトの頭を越える二塁打。

 「特に意識はしていないですけど、ちょっとずつ振れるようにというか、力負けしないようになっているのかなと思います」。

 状況によっては右方向に進塁打を打ったり、センター、ライト方向への安打も打っている。「センターから右中間よりに守っていたり、ライトがだいぶ前に守っていたりするので、見ているんですけど、引っ張るというよりはセンターへの意識で打っているようにしています」。


最後まで一軍完走できず


 8月に入ると、10日のオリックス戦のZOZOマリンスタジアムでの試合前練習からスタメン出場しない日は、「どこでも守れたらと思ってやっています」とショートだけでなく、セカンドでも守備練習するようになった。8月22日のソフトバンク戦の試合前練習では、セカンドでゲッツーの確認をしたり、9月1日の楽天戦の試合前練習ではセカンドでの守備練習で、二塁ベースに入ったショートにトスする際、金子誠コーチから助言をもらうこともあった。

 本職のショートの守備でも、8月31日の日本ハム戦の試合前練習では、「毎日練習しているので何か気づいてもらったことを言ってもらっている感じです」と、小坂誠コーチとマンツーマンで守備練習。

 8月以降打撃がやや下降気味になったが、オールスター明けは「絶対失敗してはいけない作戦だと思うので、そこはきっちりやっていこうというのができているのかなと思います」と、4度の犠打機会全て成功させた。

 走っても9月18日の西武戦、1-1の12回一死二塁で佐藤都志也の浅い左飛でレフト・ペイトンの捕球態勢を見て三塁へタッチアップし、二死三塁から藤原の打席中に暴投で生還した。

 一軍完走が見えた10月3日に一軍登録を抹消され、クライマックス・シリーズも一軍の試合に出場することなく、フェニックス・リーグで技術向上を図った。

 冒頭の「悔しかったです」は、「最後まで一軍にいられなかったですし、最後成績が落ちていったというのもあります。そういったところが悔しかったです」と、一軍で最後まで戦い抜けなかったことを悔しがった。

 打撃は7月終了時点で打率.292だったが、最終的には打率.254。そこに関しては「後半にかけてどんどん成長していきたかったですし、そういうふうにシーズン前から目標を立ててやっていたんですけど、逆になってしまったので、あんまりそうですね、はい」と振り返った。

 シーズン終了後に行われたZOZOマリンスタジアムでの秋季練習では、「左ピッチャーに対してすごい課題が残ったので、左ピッチャーを打っていたんですけど、色々打ち方を試しながら、やっていけたらなと思います」と、打率.196だった左投手を克服しようと振り込んだ。

 来季は2年目を迎える。「来年はとにかく全ての数字を今年を上回れるように。試合数も打率も走塁も全部の数字で上回っていけるように、今から準備していきたいと思います」。充実した2年目にするため、走攻守全てのレベルアップを誓った。

取材・文=岩下雄太

【PR】プロ野球を観戦するなら「DAZN Baseball」

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

春季キャンプ、オープン戦、公式戦、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

③ DAZN初契約の場合、2024年2月29日までの契約で初月無料!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額3,700円(税込)のところ、本プランなら月額2,980円(税込)だからとってもお得です。

※2024年3月1日(金)以降のDMM×DAZNホーダイ新規契約・再契約は、月額3,480円(税込)となります。
※DAZN Standardは2024年2月14日(水)以降、月額4,200円(税込)となります。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

2月29日までの契約で料金据え置き! 月額3,000円以下のプランは今だけ!

③ 3月以降の単体契約と比べると、2月中の契約なら月額1,770円もお得!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西