ニュース 2024.02.12. 17:10

西武、「西武ブルーシリーズ」を開催 “ライオンズブルー”をコンセプトの限定ユニで戦う

無断転載禁止
西武ブルーシリーズユニフォーム発表会_隅田投手(左)と佐藤投手(右)(球団提供)
 西武は12日、4月19日(金)~21日(日)、7月19日(金)~21日(日)、9月14日(土)~16日(月・祝)にベルーナドームで開催する一軍公式戦9試合と、CAR3219フィールドで開催するイースタン・リーグ公式戦2試合の計11試合で、『西武ブルーシリーズ』を開催すると発表した。

 『西武ブルーシリーズ』では、球団創立時から脈々と受け継がれてきた伝統と誇りの色である“ライオンズブルー”をコンセプトにした限定ユニフォームで戦う。胸元のLionsロゴのほか、背番号や背ネーム、キャップからストッキングに至るまで、ライオンズブルーを所々にあしらった。4月21日(日)には、一部の座席を除き、来場者全員に「西武ブルーユニフォーム(非売品)」を配布。

 その他、期間中はブルーをコーポレートカラーとして使用している西武グループ各社と連携したイベントの実施を予定。チームやファンに加え、西武グループも一体となって西武ブルーシリーズを盛り上げていく。

 なお、本日よりライオンズストア オンラインにて、西武ブルーシリーズレプリカユニフォームやキャップ、シリーズ限定のファナティクスアパレルグッズの事前予約を開始した。

▼ 隅田知一郎
「僕はオールドスタイルで、このストッキングのラインがとても気に入っています。撮影の時に選手同士で話したんですけど、好評でした!このユニフォームを着てベルーナドームで僕がたくさん勝ち星をあげて、優勝する獅かないの波に乗せたいと思います。伝説のシリーズにできるように頑張りたいと思います!」

▼ 佐藤隼輔
「帽子のマークも水色でとても攻めたデザインかと思いますし、白スパイクもいつもと違ってとても印象的です!このユニフォームを着ている試合でも絶対に無失点に抑えられるように、そして全勝することが目標です。ファンの皆さんもチームみんなも良いイメージを持てるようなユニフォームになるよう、頑張りたいと思います!」

【PR】プロ野球を観戦するなら「DAZN Baseball」

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

春季キャンプ、オープン戦、公式戦、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

③ DAZN初契約の場合、2024年2月29日までの契約で初月無料!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額3,700円(税込)のところ、本プランなら月額2,980円(税込)だからとってもお得です。

※2024年3月1日(金)以降のDMM×DAZNホーダイ新規契約・再契約は、月額3,480円(税込)となります。
※DAZN Standardは2024年2月14日(水)以降、月額4,200円(税込)となります。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

2月29日までの契約で料金据え置き! 月額3,000円以下のプランは今だけ!

③ 3月以降の単体契約と比べると、2月中の契約なら月額1,770円もお得!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西