ニュース 2024.04.13. 06:00

谷繁元信氏が11回裏の中日・カリステの走塁に言及…「挟まれて打者走者を二塁に行かせる走塁が必要だった」

無断転載禁止
中日のカリステ (C) Kyodo News
2024.04.12 18:00
中日ドラゴンズ 2 終了 2 阪神タイガース
バンテリンドーム

「本塁に突っ込んだら絶対アウトなので…」


 中日は12日、阪神との試合に2-2の引き分け。4年ぶりの6連勝はお預けとなった。

 試合は阪神が8回に2点を奪い同点に追いつき、そのまま延長戦に突入。11回裏中日の攻撃で、一死三塁とサヨナラの大チャンスを作ったものの、途中出場・上林誠知の三ゴロで本塁に突入した三走・カリステがそのままタッチアウトに。続く加藤匠馬も空三振と、チャンスを活かすことはできなかった。

 12日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で、この11回裏のカリステの走塁が話題に。

 番組MCを務めた谷繁元信氏は「たぶんギャンブルスタートだったと思うんですけど…」と話を切り出すと、「あのサードゴロの打球の強さで本塁に突っ込んだら絶対にアウトじゃないですか。カリステは止まって、ランダウンプレイ(挟殺プレー)をして、打者走者をセカンドまで行かせる走塁が必要だったと思います」とコメント。

 その話を聞いた解説者の大矢明彦氏は「それをしてくれたら最高でしたよね。でもカリステ選手にとっては、あのプレーが目一杯の走塁だったのかなと思いますよ」と話をした。

 続けて谷繁氏は「次のバッターが加藤だったですけど、やっぱり得点圏にランナーがいると相手も気持ち悪い感じがすると思うので…。打者走者を二塁まで行かせて欲しかったなと思います」と再度、カリステの走塁に言及をしていた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』

【PR】中日ドラゴンズを観戦するなら「DAZN Baseball」

立浪和義監督3年目の中日は中田翔を主砲に迎え打力を強化。大野雄大や小笠原慎之介ら実績のある先発陣を打線が援護できるかが下剋上のカギ!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

② DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!

③ 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成