ニュース 2024.04.17. 06:10

中日が鮮やかな逆転勝ち! 復活の強竜打線にOB谷沢氏「去年までなかったね、こういうことはね」

無断転載禁止
中日・田中幹也 (C)Kyodo News

首位の座をがっちりキープ


 中日がヤクルトに逆転勝ち。このカード初白星で首位の座をがっちりキープした。試合は中日・小笠原慎之介とヤクルト・石川雅規の両左腕が各々持ち味を発揮し、6回を終わって0-0の緊迫した展開となった。終盤の7回にヤクルトが北村拓己のタイムリーと中村悠平のスクイズで2点を先制したが、中日は8回に田中幹也のタイムリーにワイルドピッチで同点に追い付き、続くチャンスで細川成也がセンターにきっちりとタイムリーヒットを放ち、決勝点を奪ってみせた。

 見事な逆転勝利を果たした中日打線について、16日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に解説者として出演した谷沢健一氏は「去年までなかったね、こういうことはね」とOBらしく目を細め「2番の田中(幹也)の執拗な右打ち、 そしてアウトコースの低めも厳しいボールでも、踏み込んで打ちに来ている。このタイムリーは価値がありました」とまず1点目のタイムリーヒットを評価した。

 決勝打の細川成也にも「ヘッドスピードとスイングスピードは素晴らしいんだけども、それだけではタイムリーは打てないんでね。 やっぱり本人の自覚と読みがすごく優れてきましたよね。やっぱり引きつけないと高めは手が出ないですからね」と去年からの成長を感じていると分析。もう一人の解説者の野村弘樹氏は「今年は中田(翔)がいるじゃないですか。その影響もあると思うんです。追い込まれたとき中田が右へ打ったり、引きつけたりってバッティングもするじゃないですか。やっぱりいいお手本がいる分、バッティングのスタイルも変えられる。率も上がってきますよね」と経験豊富な4番の効果もあるとコメントした。

 また8回に代打で二塁打を放ち反撃の口火を切った大島洋平に対して野村氏は「それだけ層が厚いっていうところと、若い選手が出てきてるということですかね。だからやっぱりこの終盤に来てこの大島に出てこられると、投げ手はやっぱり嫌ですよね。プレッシャー感じますね」と控えで結果を残すベテランの存在も大きいと説いた。

 長年の課題だった打線が機能している立浪竜。このまま勢いで突っ走るのかに注目が集まっている。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』

【PR】中日ドラゴンズを観戦するなら「DAZN Baseball」

立浪和義監督3年目の中日は中田翔を主砲に迎え打力を強化。大野雄大や小笠原慎之介ら実績のある先発陣を打線が援護できるかが下剋上のカギ!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

② DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!

③ 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成