ニュース 2024.04.22. 06:50

ソフトバンク・近藤が球速差49キロのカーブを衝撃の一発! 仁志氏「単なる反応だけではない」

無断転載禁止
ソフトバンク・近藤健介 (C) Kyodo News
2024.04.21 13:00
福岡ソフトバンクホークス 1 終了 3 オリックス・バファローズ
PayPayドーム

「これピッチャーくらったらきつい」


 近藤健介は21日、宮城大弥との第2打席でホームランを放った。宮城は初球、インハイに厳しいコースへ153キロ直球を投げ込んだ。続く2球目はスローカーブを選択し、球速差49キロと緩急をつけた配球で打者を崩そうとするも、近藤はタイミングぴったりに捉え、ライトスタンドへ豪快な確信弾を打ってみせた。

 番組MCの岩本勉氏は「ピッチャー目線だとインサイドに速い球いったので低めに変化球投げたくなるんですけど」とコメントすると仁志敏久氏は「よく止まったですね。多少初球にあそこに来たら次もしかしたら外に変化球かなって頭の中にふわふわって浮いてくるんですよね。それがふわっと浮いてきたところに来たところにやっぱり来た!と思って止まっていたのかというところですかね。」と変化球を狙っていたのが功を奏したのかもしれないと見解を述べた。

 これに岩本氏は「バッターってコンマ何秒で色んなことを頭の中で置き換えが始まるんですか」と聞くと仁志氏は「近藤選手はキャリアがある選手なので単なる反応だけではないと思うんですよ。なんとなくの予測がありながら(ホームランにした)」と解説した。

 さらに五十嵐亮太氏は「これピッチャーくらったらきついですよね?」と岩本氏に聞かれると「きついですね。何のための初球だったのかなって。こうなると読みがある程度しっかりしているバッターなので。こうなるとキャッチャーが大事になってきますね。こういうバッターだっていうのがこの打席で分かったので。これから近藤選手に対してどういった配球にするのかが大事になってくると思います」とキャッチャーの配球に注目したコメントを残した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』

【PR】福岡ソフトバンクホークスを観戦するなら「DAZN Baseball」

小久保裕紀新監督のもと、王座奪還を狙うソフトバンク。柳田悠岐、近藤健介に新戦力の山川穂高を擁する強力打線で常勝チームへの復活を目指す!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

楽天モバイルなら追加料金ゼロで
パ・リーグが楽しめる!【PR】

楽天モバイル パ・リーグSpecial

楽天モバイルに申し込み「Rakuten最強プラン」を契約すると、公式戦やオリジナル番組を追加料金0円で楽しめます。携帯キャリアを乗り換えず、「デュアルSIM」としての契約もおすすめ。パ・リーグをお得に観戦できるチャンスをお見逃しなく。

POINT

① パ・リーグ主催の公式戦・オリジナル番組が見放題!

② 見逃し配信にも対応! スマホやTVなど好きなデバイスで視聴可能!

③ キャリア乗換不要。お得で手軽な「デュアルSIM」契約もオススメ!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成