ニュース 2024.04.24. 06:40

ソフトバンク打線が佐々木朗希を見事攻略!笘篠氏が「徹底した攻め」と評した攻撃とは?

無断転載禁止
ソフトバンク・近藤健介 (C) Kyodo News

「4回はフォーク、7回は直球」軽打でチャンス拡大し天敵・佐々木に勝利!


 ソフトバンクは23日、ロッテと対戦し4-2でカード初戦を勝利した。打線はロッテ先発・佐々木朗希の前に3回まで無得点に抑えられたが、4回にこの試合で通算1500試合出場となった2番今宮健太が安打を放ち出塁。3番柳田悠岐も安打で続き、無死一・二塁と先制のチャンスを作る。4番山川穂高は左飛となるも2塁走者今宮が進塁。一死一・三塁の場面で、ここまで佐々木に対して18打数無安打12三振の5番近藤健介が三塁線を破る適時打を放ち、先制に成功した。その後相手の失策もあり1点を追加した。
 
 7回には9番牧原大成が二死から安打で出塁すると二盗に成功。今季支配下登録を勝ち取った1番川村友斗が適時二塁打を放ちリードを広げた。ソフトバンクは昨季2敗と完璧に抑え込まれていた佐々木から3点を奪い、2季ぶりの勝利を収めた。

 今季初の最速160kmを記録した難敵・佐々木を見事攻略したソフトバンク打線に、フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』でも注目が集まった。

 笘篠賢治氏は、4回の攻撃について「(打順)二回り目から追い込まれるまでは普段のスイングで打ちにいくが、追い込まれたときにチーム皆で長打を捨てて軽打で食らいついていく。佐々木のフォークボールについていくという徹底した攻めで攻略できた。良い繋がりだった」と、今宮・柳田・近藤の三者がフォークを安打にした点を高評価。

 7回については「二死から牧原が出て足を絡めて揺さぶる。どうしても次の1点が欲しい場面で、チャンスが巡ってきた川村が貴重な1点を挙げる。牧原も川村も打者が有利なカウントに持っていって、この回は直球を狙って見事に捉えた。非常に良い攻撃だった」と4回と異なり佐々木の直球を捉えていった攻撃を称賛した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』

【PR】福岡ソフトバンクホークスを観戦するなら「DAZN Baseball」

小久保裕紀新監督のもと、王座奪還を狙うソフトバンク。柳田悠岐、近藤健介に新戦力の山川穂高を擁する強力打線で常勝チームへの復活を目指す!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

楽天モバイルなら追加料金ゼロで
パ・リーグが楽しめる!【PR】

楽天モバイル パ・リーグSpecial

楽天モバイルに申し込み「Rakuten最強プラン」を契約すると、公式戦やオリジナル番組を追加料金0円で楽しめます。携帯キャリアを乗り換えず、「デュアルSIM」としての契約もおすすめ。パ・リーグをお得に観戦できるチャンスをお見逃しなく。

POINT

① パ・リーグ主催の公式戦・オリジナル番組が見放題!

② 見逃し配信にも対応! スマホやTVなど好きなデバイスで視聴可能!

③ キャリア乗換不要。お得で手軽な「デュアルSIM」契約もオススメ!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成