ニュース 2024.04.24. 06:00

中日、4回の好機で欠いた“積極性”…高木氏「点が取れていない状況ならば積極的に突っ込んでほしかった」

無断転載禁止
中日・立浪監督 (C)Kyodo News

4回一死三塁の場面の判断について言及


 中日は巨人との3連戦の初戦に敗れ、今季ワーストの5連敗。3位に転落した。

 先発の小笠原は7イニングを4安打2失点と粘りの投球を見せるも、打線は20日の阪神戦から、23イニング連続無得点と援護がなく今季初黒星を喫した。

 23日放送のフジテレビONE『プロ野球ニュース2024』では、4回、先頭で三好大倫が中越え二塁打、続く田中幹也の犠打で一死三塁でカリステの遊ゴロで、本塁突入を自重した場面に注目。

 番組MCの高木豊氏は「4回はワンアウト三塁で最大のチャンスだったんですが、カリステの内野ゴロでサードランナーは(本塁に)突っ込まないんですよね。次が中田(翔)ということもあるので非常に難しい判断だと思うんですが…点が取れていない状況ならば積極的に突っ込んでほしかった」と、点を奪う積極性が欠けていたのではないかという見解を示した。

 解説の笘篠賢治氏は「私も走塁コーチの経験をしたことがあるのですが、ギャンブルスタートとかゴロ・ゴーとか、もちろんベンチの指示が出るんですけど、逆にコーチのほうから『ここはギャンブルで行かせませんか?』とかベンチに匂いを出してランナーの背中を押してあげるようなことも、やってもいいのかなと思いましたね」と、ランナーに積極性を促すようなベンチワークの必要性を説いた。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』

【PR】中日ドラゴンズを観戦するなら「DAZN Baseball」

立浪和義監督3年目の中日は中田翔を主砲に迎え打力を強化。大野雄大や小笠原慎之介ら実績のある先発陣を打線が援護できるかが下剋上のカギ!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

② DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!

③ 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成