ニュース 2024.05.04. 07:00

「捕球したらすぐ二塁に投げるべきだった」鷹・リチャードの判断ミスに仁志敏久氏が苦言…

無断転載禁止
ソフトバンク・リチャード選手

決勝点を献上する判断…「すぐに二塁に投げるべきだった」


 ソフトバンクは3日、西武と対戦し1-0と接戦を落とした。今季ソフトバンクはこの敗戦で西武に初黒星。5月は未だ勝利無しでの連敗となった。

 ソフトバンク・大津亮介と西武・武内夏暉の若きエースの投げ合いとなった試合。両者一歩も譲らず0-0で迎えた6回、西武打線は、8番炭谷銀仁朗が安打で出塁。その後9番金子侑司・1番源田壮亮の連続四球で一死満塁とすると、3番中村剛也の三ゴロの間に、三塁走者炭谷が生還し先制。これが決勝点となった。

 中村の三ゴロを三塁手・リチャードが三塁を踏んで二死とした後に一塁に投げたため、打者がセーフとなる間に西武が決勝点を挙げた形となった。3日放送のフジテレビONE『プロ野球ニュース2024』では、この判断が大きく取り上げられた。

 仁志敏久氏は「守備隊形は後ろだったため、ベンチの指示は二塁・一塁の併殺体制だった。だから捕球したらすぐに二塁に投げるべきだった」と指摘。「リチャード自身の判断で、三塁を踏んで投げても(併殺が取れる)という考えだったのかもしれないが、一般的に考えれば捕ってすぐに二塁に投げるべきだった。送球が逸れてもしょうがないというプレーだった」と瞬時の判断が連敗の引き金になったと苦言を呈した。

 谷繫元信氏が「打球が遅かったので、一瞬少し迷った部分もあったのでは」と擁護するも、平松政次氏は「二塁に投げる動きが全くなかった」と取り付く島もなかった。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』

【PR】福岡ソフトバンクホークスを観戦するなら「DAZN Baseball」

小久保裕紀新監督のもと、王座奪還を狙うソフトバンク。柳田悠岐、近藤健介に新戦力の山川穂高を擁する強力打線で常勝チームへの復活を目指す!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

楽天モバイルなら追加料金ゼロで
パ・リーグが楽しめる!【PR】

楽天モバイル パ・リーグSpecial

楽天モバイルに申し込み「Rakuten最強プラン」を契約すると、公式戦やオリジナル番組を追加料金0円で楽しめます。携帯キャリアを乗り換えず、「デュアルSIM」としての契約もおすすめ。パ・リーグをお得に観戦できるチャンスをお見逃しなく。

POINT

① パ・リーグ主催の公式戦・オリジナル番組が見放題!

② 見逃し配信にも対応! スマホやTVなど好きなデバイスで視聴可能!

③ キャリア乗換不要。お得で手軽な「デュアルSIM」契約もオススメ!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成