ニュース 2024.05.29. 11:38

ドジャース・大谷翔平、今季初のダブルヘッダーは5打数無安打&欠場 牽制球直撃を境に打率「.452」→「.186」

無断転載禁止
ノーヒットに終わった大谷翔平

大谷翔平は5打数ノーヒット


 ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手(29)が現地時間28日、メッツとのダブルヘッダー1戦目に「2番・指名打者」でフル出場。5打席に立ったが、ヒットは出なかった。

 メッツ先発は昨季9勝を挙げた右腕メギル。初回の第1打席はカウント0-2から低めボールゾーンへ落ちるスライダーに空振り三振。3回表、一死一塁での第2打席はカウント1-1から真ん中高めいっぱいのカットボールを引っ掛け、一ゴロで進塁打。5回表の第3打席はカウント0-1から内角ボールゾーンのカットボールに詰まらされ、再び一ゴロに打ち取られた。

 2点ビハインドの8回表、一死一、二塁の好機で第4打席を迎え、メッツは通算682登板の左腕ディークマンが登板。カウント2-2から真ん中低めのフォーシームを叩きつけ、遊ゴロ。全力疾走で併殺は免れると、続くフレディ・フリーマンが適時打を放ち、1点差とした。

 その後ドジャースは同点に追いつき、延長タイブレークへ突入。10回表、先頭打者ムーキー・ベッツの適時打でリードを奪い、続く大谷は5番手右腕ロペスと対戦。2球で追い込まれると、最後は高めボールゾーンへ抜けたスライダーに手を出し三球三振。大谷は5打数無安打、2三振という内容でダブルヘッダー1戦目を終え、2戦目は休養となった。

 5月前半の11試合で打率.452、5本塁打と好成績を残していた大谷だったが、牽制球直撃で左足を痛めた5月16日以降では同じく11試合で打率.186、1本塁打と苦戦。直近9試合で本塁打が無く、5月16日の試合前時点で「.364」に到達していた打率は「.329」へ低下。大谷に代わってベッツが打率1位に浮上した。

【PR】「ABEMA」ならドジャース戦、パドレス戦が毎日視聴可能!

ABEMA × MLB

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でドジャース戦を含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。ただし、無料配信は一部のため、日本人メジャーリーガーの活躍をすべて観るなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

POINT

① ABEMAプレミアムならすべてのドジャース戦が視聴可能!TV視聴も可能!

追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!

③ 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成