ニュース 2014.07.31. 21:12

村中の好投でヤクルトが快勝 阪神は2カード連続の負け越し

● 阪神 1 - 8 ヤクルト ○
<14回戦・甲子園>

 ヤクルトが先発・村中の好投と、2年目・谷内の4安打3打点の活躍で快勝。阪神は今季未勝利だった村中に打線が3安打に封じられ、2カード連続の負け越しを喫した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ヤクルトは初回、4番バレンティンの20号2ランで先制すると、2-0のまま迎えた7回には、ニ死走者なしから9番村中のヒットを皮切りに一、三塁のチャンス。ここで左腕・能見対策として起用された2番谷内が、この日3安打目となるセンター前タイムリーを放ち、貴重な3点目を奪った。谷内はさらに、9回にもダメ押し2点タイムリーニ塁打を放ち4安打3打点の活躍。首脳陣の抜擢に見事に応えた。

 投げては先発の村中が、コーナーを丁寧に突く投球で8回を3安打1失点。9回は松岡が締め、村中は今季3度目の先発登板で嬉しい初勝利を手にした。

 一方の阪神は、3点ビハインドの8回に無死一、三塁のチャンスを作るも、5番マートンがダブルプレーに倒れ1点止まり。投手陣も中継ぎで登板した建山、歳内、山本の3投手がそれぞれ失点するなど、投打ともに精彩を欠いた。 

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西