コラム

どうしても「夏の甲子園」で見たかった…プロ注目の高校球児たち【北海道・東北 編】

無断転載禁止
仙台育英・入江大樹選手 [提供=プロアマ野球研究所]

注目の高校球児【北海道・東北地区】


 「新型コロナウイルス」の問題により、今年は春・夏ともに甲子園大会が中止となってしまった。

 それでも、6月に入って練習を再開している高校も多く、特に次のステージで野球を続けようと考えている球児は、各地の代替大会や大学・社会人チームでの練習参加など、それぞれがアピールを続けていくことになる。


 プロアマ野球研究所(PABBlab)では、そんな球児たちを応援する意味も込めて、『甲子園で見たかった将来有望選手』と題して、全国の有望株を紹介していきたい。

 第1回となる今回は、北海道・東北編。


“道内No.1”の好投手


 まずは、北海道の投手から。ここでは北嶋洸太(駒大苫小牧高)、片山楽生(白樺学園高)、根本悠楓(苫小牧中央高)という3人の名前が挙がる。

 北嶋は1年時からマウンドを経験。当時はまとまりのある好投手タイプだったが、2年になると一気にスピードアップ。ストレートは140キロ台中盤をマークし、総合力では“道内No.1”と言われるまでになった。

 たくましい下半身を生かしたバランスの良いフォームで、制球力とスタミナも申し分ない。


 片山は昨年秋に全道大会を制覇。明治神宮大会でも好投を見せて一気に評価を上げた。

 右足一本できれいに真っすぐ立ち、下半身主導のフォームで楽に腕が振れるのが特長。肘の使い方が柔らかく、球持ちの良さも目立つ。

 明治神宮大会では130キロ台後半だったが、この春には大幅にスピードアップしたと言われており、右投手では北嶋と双璧と言えるだろう。また打っても4番を任され、打撃センスの高さも魅力だ。


 根本は中学時代から評判のサウスポー。上背はないものの、たくましい体つきで、ボールの出所が見づらい腕の振りも光る。

 同地区の北嶋に投げ負けており、高校での実績は乏しいが、希少な本格派サウスポーだけに楽しみな存在だ。


 さらに北海道の野手では、川波瑛平(白樺学園高)と佐野翔騎郎(札幌大谷高)という2人の外野手が面白い。

 川波は強打のリードオフマン。長身を持て余すことなく、鋭い振り出しのスイングで広角に打ち分ける打撃が魅力。脚力でも目立つ存在だ。

 佐野はとにかくスピードが持ち味。旧チームでは下位打線を打つことが多かったが、積極的な走塁でチャンスを演出した。非力な感は否めないが、ミートの上手さに定評がある。


東北地方にもいい素材がゾロゾロ…


 東北の投手は候補も豊富。小牟田龍宝(青森山田高)に、佐々木湧生、橘高康太、長尾光(いずれも明桜高)。向坂優太郎(仙台育英高)や氏家蓮(大崎中央高)などが候補となりそう。


 中でも、素材の良さが目立つのが小牟田だ。

 昨年は巨人に1位指名された堀田賢慎がいながらも、度々先発のマウンドを任され、その潜在能力の高さは早くから注目を集めていた。

 新チームになってからは故障があり、秋の東北大会は背番号7での出場だったが、準々決勝の鶴岡東戦ではリリーフで2回1/3を投げて4奪三振と好投を見せている。


 明桜の佐々木・橘高・長尾の3人は、いずれも140キロを超えるスピードを誇る右腕。秋の東北大会初戦、優勝した仙台育英との試合では3人の継投で臨み、延長11回9失点と打ち込まれたが、素材の良さは申し分ない。


 選抜出場を決めていた仙台育英で、秋に急成長を遂げたのが向坂だ。

 夏までは一学年下の笹倉世凪と伊藤樹に注目が集まっていたが、新チームになってからは投手陣の柱に成長。スピードは140キロ前後だが、コーナーにしっかり投げ分ける投球は安定感がある。

 氏家は小柄ながら150キロ近いストレートが武器の本格派右腕。上背の無さをプロがどう見るかは気がかりだが、そのスピードは大きな魅力だ。


100キロ超えの“巨漢スラッガー”


 野手では、平野時矢(一塁手/青森山田高)と水谷公省(外野手/花巻東高)、入江大樹(遊撃手/仙台育英高)、宮本拓実(外野手/仙台育英高)、佐藤日翔(三塁手/学法石川高)などが候補となる。


 中でも高校から直接プロの可能性がありそうなのが、大型ショートの入江だ。

 185センチの長身ながら、フットワークに軽さがあるのが特長。ハンドリングにも柔らかさがあり、捕球してから送球までの流れもスムーズだ。

 バッティングは右手の強いスイングでまだまだ脆さはあるものの、芯でとらえた時の打球の迫力は超高校級。昨年秋の明治神宮大会では、打った瞬間それと分かるホームランをレフトスタンド中段に叩き込んだ。攻守にスケールのある選手だけに、早いうちからプロで鍛えてもらいたい素材だ。


 平野は体重100キロの巨漢スラッガー。完全に打撃専門の選手だが、そのパワーは魅力だ。

 水谷は強打の大型外野手。懐の深いバッティングで、軽く振っているようでもヘッドの走りは抜群。宮本はミート力の光る左打者で、入江とともに仙台育英打線を牽引する。

 佐藤は投手も兼任する強打のサード。上背はないが、パンチ力のある打撃と強肩が持ち味だ。


☆記事提供:プロアマ野球研究所
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西