コラム 2020.06.18. 07:09

異例の開幕でどうなる…?2020年の「新人王レース」を大展望!【パ・リーグ 編】

無断転載禁止
日本ハム・河野竜生 (C) Kyodo News

パ・リーグの新人王候補は…?


 当初の予定から遅れること3カ月…。プロ野球の2020年シーズンが、6月19日(金)に幕を開ける。


 開幕の延期にはじまり、ペナントレースも短縮されて120試合制に。ほかにも、一軍登録枠や外国人枠の特別ルールなど、これまでになかった要素が多々絡み合い、例年以上に想像のつかない戦いとなる。

 そこで、今回は開幕直前の特別企画として、2020年の「新人王争い」に注目。アマチュア野球の識者としてドラフト会議中継にも出演するなど、野球ファンにお馴染みのスポーツライター・小関順二氏と西尾典文氏をゲストに迎え、練習試合を踏まえたうえでの“新人王予想”を繰り広げてもらった。

 ここでは、パ・リーグの新人王について大予想!


西武はルーキー以外も注目


―― まずは、昨季のリーグ王者・西武から伺っていきましょうか。

西尾ドラフト1位の宮川哲(東芝)が出遅れていましたけど、開幕が6月に延びたことで間に合いましたね。この前も150キロを出していましたし、リリーフとして戦力になると思います。2位の浜屋将太(三菱日立パワーシステムズ)も楽しみですね。

小関宮川は社会人時代だと5回くらいまでかなり良くて盤石な印象。ただ、それ以降によく打たれていたんですよね。そう考えるとリリーフの方がいいでしょうね。西武は昨シーズン中継ぎをフル回転させていましたから、宮川と浜屋はそこにピタリとはまりそうな気がしますね。


―― ルーキー以外でも、変則右腕の與座は一軍未出場ですが、開幕ローテに入ってくるみたいです。

西尾同じアンダーハンドで昨年の新人王に輝いた高橋礼(ソフトバンク)と比べるとこじんまりしているんですけど、練習試合の投球を見ると先発として面白い存在になりそうです。あとは、昨季途中から活躍を見せた平良海馬(17年4位/八重山商工高)も、まだ資格がありますよね。タイトル争いを考えると、リリーフは不利になるかなとは思いますが、楽しみです。


―― 野手の方はどうでしょうか。

西尾売り出し中なのは5年目の川越誠司(15年2位/北海学園大)ですかね。ライトがメインということで木村文紀との争いだと思うんですが、練習試合では木村もよく打ってるんですよね。使ってもらえるかどうか。

小関川越は良いですよね。あのバッティングには魅力があります。

西尾山野辺翔(18年3位/三菱自動車岡崎)も、ひょっとしたらあるかもしれないですよ。去年の二軍成績(87試=率.271・本12・盗29)は優秀でした。二塁のレギュラーには外崎修汰がいますけど、外野もできる選手なので、もし外野陣が不甲斐ないようなら外崎を外野に持って行って、山野辺をセカンドで、ということも。





ソフトバンクは選手層が壁に…?


―― つづいて、日本一王者のソフトバンクはいかがでしょうか。

西尾ドラフト1位の佐藤直樹(JR西日本)、2位の海野隆司(東海大)も、1年目からレギュラーで、と考えるとちょっと厳しいですね。3位の津森宥紀(東北福祉大)はリリーフで使われそうな気がします。スピードは145~146キロでも手元にピュッと来てる感じがしますよね。ただ、中継ぎで新人王となると…。


―― ルーキー以外で名前が挙がるとすれば?

西尾2年目の杉山一樹(18年2位/三菱重工広島)や3年目の尾形崇斗(17年育成1位/学法石川高)、4年目の古谷優人(16年2位/江陵高)あたりですかね。古谷は昨年160キロも出しましたし、練習試合でもリリーフで使われています。ただ、西武とは逆で投手陣の層が厚いですから、こちらも使ってもらえるか、ですよね。

小関ソフトバンクで若手が試合に出るというのは、選手層を考えると大変な事なんですけど、それでも毎年のように若手が出てきますから凄いチームだなと思いますね。海野も十分にレギュラーを狙える能力はあるんですけど、正捕手には甲斐拓也がいますしね。育成から支配下になったのが、今年は尾形と砂川リチャード(17年育成3位/沖縄尚学高)ですか。育成から毎年のようにブレイクする選手が現れるので楽しみですけどね。


―― では、「今年の新人王」という点では、やや厳しいのかなと。

西尾そうですね。杉山も来年くらいには凄いピッチャーになってそうな気がしますけどね。





楽天・小深田は近本にはなれない!?


―― つづいては楽天です。社会人・大阪ガス出身の1位ということで、小深田大翔には近本光司(阪神)レベルの活躍を期待してしまいますが…?

西尾ただ、あの内野陣の顔ぶれを見ると、試合に出られても代走や守備固めなのかな、と。足は凄いですけどね。内野の陣容が固まっていますから、レギュラーとして出場するのは少し厳しいと思います。

小関内野には茂木栄五郎がいて、浅村栄斗がいて、さらにFAで鈴木大地を獲って。若手にも山﨑幹史や渡邊佳明がいる。そこに小深田を1位で指名したわけですからね。石井一久GMはどう考えているんだろう…という感じですね。

西尾外野にも、2年目の小郷裕哉(18年7位/立正大)という良い選手がいますけど、内野同様に外野もたくさん選手がいるんですよね。


―― 楽天も新人王争いは厳しそうでしょうか。

西尾強いて挙げるとすれば、ピッチャーの津留﨑大成(3位/慶応大)の方ですかね。中継ぎとして、出番という意味でのチャンスはこちらの方が多いと思います。





夢いっぱいのロッテだが…


―― ロッテはやはり、佐々木朗希(1位/大船渡高)が大きな注目を浴びています。

西尾さすがに1年目は無理はさせないんじゃないですかね。同じ高卒でも、ヤクルト・奥川恭伸以上にもっと無理をさせないと思いますので、今年の新人王はないと思います。佐藤都志也(2位/東洋大)も練習試合で当たっていましたが、正捕手の田村龍弘から完全にポジションを奪うかと言われると、それは難しいかなと思うので、新人王となるとちょっと厳しい気がします。

小関12球団で最も将来性はあると思います。藤原恭大(18年1位/大阪桐蔭)がいて、そして佐々木が来ましたからね。今年の新人王となると、ロッテの中では佐藤が一番近い気がします。田村に少し故障のニュースがあったりしたので、万全じゃなかった時は声がかかるのかなと。バッティングは良いですし、足も速いですからね。


―― ロッテは楽しみな若手野手が多いんですよね。

西尾そうですね。新人でも髙部瑛斗(3位/国士舘大)や福田光輝(5位/法政大)がいたり、3年目の安田尚憲(17年1位/履正社)、2年目の藤原もいて。個人的には、3年目の和田康士朗(17年育成1位/富山GRNサンダーバーズ)も楽しみな選手です。ただ、FAで内・外野を守れる福田秀平が来たので、若手がそんなに出られるかな、という気もするんですよね。楽しみな選手は多いんですけど、今年の新人王となるとちょっと推し辛いですね。


―― 安田、藤原も新人王は厳しいですか?

西尾う~ん、試合に出られないと厳しいですもんね。楽天と同じで内野・外野の陣容が固まっているので。個人的にはどんどん使って欲しいんですけど。

小関実績のあるベテランを使うのも分かるんですけど、近年は競合してまで安田や藤原といったところを獲っているんですから、首脳陣も思い切って抜擢して欲しいですよね。


―― ピッチャーはどうでしょうか。2年目の東妻勇輔(18年2位/日体大)はまだ資格がありますね。

西尾リリーフがみんなお疲れ気味なのかな、という感じもするので、活躍できる余地はあると思うんですけどね…。

小関スピードのわりに、ボールの回転数が少ないんですよね。なので、150キロ投げても打たれちゃうシーンも。その辺がちょっと気になるので、今のままだと安定して成績を残すのは難しいかもしれません。





若手野手に期待の日本ハム


―― 日本ハムはルーキーの河野竜生(1位/JFE西日本)が練習試合でも好投しています。

西尾チームに左の先発タイプが少ないですから、シーズンでも使われそうな気がしますよね。普通に考えたら、新人王の最右翼だと思います。


―― 一方、野手でも野村佑希(18年2位/花咲徳栄)や万波中正(18年4位/横浜)が練習試合でド派手な打撃を見せています。

西尾この2人はちょっと楽しみですよね。万波の本塁打は凄かった。高校の時よりも打ち方がちょっとよくなっていますし、野村はもともと打ち方もよかったですからね。


―― 新人王の候補としてはどうでしょう?

西尾今年に関しては、一軍で爪痕を残せれば御の字だと思います。小関さんもセ・リーグ編の時に話していましたが、岡本和真(巨人)でもブレイクは4年目でしたからね。


―― 2年目では、吉田輝星(18年1位/金足農)はどうでしょうか?

西尾去年も1年目とはいえ苦しんだ印象でしたし、この春もそこは変わらずでしたね。もうちょっと時間がかかるのかなと…。

小関若い野手は非常に良い感じで伸びてきている印象ですが、投手は期待できる若手がちょっと少ないかなと思います。





オリックスは有望株揃い!


―― 最後にオリックスですが、近年は若手選手の活躍がめざましい印象があります。

西尾新人だと、勝俣翔貴(5位/国際武道大)が結構使われていて、良いところで打ったりしていますね。オリックスは1番・2番タイプが多いので、こういう強打者タイプが入ってくると目立ちます。ピッチャーでは、3位の村西良太(近畿大)も開幕ローテーション入りということで注目ですよね。


―― 育成からもどんどん活きの良い投手が出てきています。

西尾残念ながら故障で出遅れ中ですが、4年目の張奕(16年育成1位/日本経済大)は注目していました。去年は2勝4敗で防御率も5.93だったんですが、投げているボールはとてもそんな投手ではなかったですよ。オフの「プレミア12」での活躍も印象的でした。


―― リリーフかなとは思いますが、漆原大晟(18年育成1位/新潟医療福祉大)や神戸文也(16年育成3位/立正大)といった名前も…。

西尾怪我から復帰した本田仁海(17年4位/星槎国際湘南高)も、一度は育成契約になって這い上がってきた投手。復帰して凄いボールを投げているという話も聞きますので、今季が楽しみですね。しかし、こんなに育成から上がってきているというのは、オリックスも変わったなという感じがします。

小関チーム自体が“大変身”しましたよね。舞洲に練習場を作ったというのが大きいのかなと。野手でいえば、来年以降のことを考えれば太田椋(18年1位/天理)も、ショートで使って欲しいですけどね。

西尾太田は昨年シーズン開幕直前の骨折で出遅れたんですが、それでも二軍で6本塁打を打っているんですよね。7月頃の復帰でこれはすごいと思います。

小関ファームで6本は全然少なくないですからね。

西尾同じく2年目の宜保翔(18年5位/未来沖縄高)も新人王候補として注目していたのですが、5月に有鉤骨を骨折してしまったのが残念でした。将来的には宜保と太田で二遊間を組めたら、オリックスは面白いですね。





パ・リーグ新人王予想まとめ


【本命】
河野竜生(日本ハム)
投手/1年目・22歳


【対抗】
宮川哲(西武)
投手/1年目・24歳


【注目選手】
浜屋将太(西武)
投手/1年目・21歳

與座海人(西武)
投手/3年目・24歳

平良海馬(西武)
投手/3年目・20歳

佐藤都志也(ロッテ)
捕手/1年目・22歳

川越誠司(西武)
外野手/5年目・26歳
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西