コラム 2021.04.05. 14:54

【12球団若手注目株】広島・栗林良吏

無断転載禁止
広島の「新人守護神」栗林良吏を紹介!(写真=スポーツニッポン新聞社)

「新人守護神」 抑えはセーブ数が大事


 広島ドラフト1位・栗林良吏投手(24)が、重責と戦っている。

 3月27日の中日戦で3点優勢の9回に登板して1回無失点。プロ野球史上5人目となる初登板初セーブを挙げた。

 昨季抑えを務めたフランスアが右膝手術で長期離脱し「新人守護神」を務めることになった。

「3点優勢の9回に2点取られても勝ちは勝ち。抑えとしての役割を考えたらセーブ数が大事」。

 同じく新人時代に抑えに抜てきされた永川勝浩(現広島1軍投手コーチ)は1年目の03年に25セーブ。背番号20の前任者の数字を当面の目標に設定し、セーブ数を積み重ねていく。

Yell for Baseball FAN Project』/スポーツニッポン新聞社
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西