コラム 2021.08.20. 07:07

2104打席目でプロ初本塁打の最大のチャンスが…本当にあった!ロッテの「3大珍事件」

無断転載禁止
キャリアで本塁打が出なかった岡田幸文の最大のチャンスとは…?

岡田幸文が最も本塁打に近づいたシーン


 プロ野球の長い歴史の中で起こった「珍事件」を球団別にご紹介していくこの企画。

 今回は千葉ロッテマリーンズ編だ。




 2018年シーズンを最後に引退した岡田幸文は、実働9年間で2501回打席に立ち、本塁打ゼロの珍記録をつくったことで知られている。そんな岡田が惜しくも唯一の本塁打のチャンスを逃したのが、2016年3月29日の楽天戦だ。

 1-1の6回二死満塁。ロッテは1番・岡田が左中間に飛球を放った。

 その直後、捕球を試みた中堅手の松井稼頭央と左翼手のゼラス・ウィーラーが交錯し、2人ともスッテンコロリンと転倒。ボールはフェンス方向に転がっていった。


 50メートル5.6秒の俊足を誇る岡田ならばランニングホームラン、イコール、プロ2104打席目での初本塁打は“楽勝”と思われた。しかも、開幕以来パ・リーグ全体の本塁打はまだゼロとあって、記念すべきシーズン1号という、うれしいオマケも付いてくるはずだった。

 ところが、松井とウィーラーに義理立てしたわけではないだろうが、岡田までもが一塁ベースを回ったところで、前のめりにコケてしまう

 「打球を見ながら走って、そろそろ(一塁)ベースと思ったら、もう足元に。つまずいちゃいました」(岡田)

 すぐさま体勢を立て直し、再び走り出したが、結果は三塁打。ベンチに戻ると、角中勝也に「転んでなければ(ランニングホームラン)イケた」と残念がられたそうだが、それでも満塁の走者をすべて還す決勝三塁打がモノを言って、試合は12-2でロッテが大勝した。

 結果的に、これが岡田にとって最初で最後のチャンスだったのだが、仮に転ぶことなく生還できていたとしても、プロで唯一の本塁打がランニングホームランでは、素直に喜べなかったかもしれない。


グラブをボールに投げつける“珍事”


 続いて、シングルヒットをペナルティで「テイク・スリー」にしてしまった珍プレーを紹介したい。世にも奇妙な珍場面が見られたのは、2008年5月4日の西武戦である。

 2-0とリードした西武は5回、先頭の栗山巧が一二塁間を抜けるか、という当たりを放つ。一塁手のフリオ・ズレータがダイビングして止めようとしたが、打球はミットに当たり、右前に転がっていく。

 今度は二塁手のホセ・オーティズがボールを追いかけたが、突然左手にはめていたグラブを外して右手に持ち替えると、なんとグラブをボールに向かって投げつけた。

 すると、グラブは見事命中。まるで手品でも見ているかのようにボールがピタリと止まると、これを見た栗山は一塁でストップした。


 だが、野手が故意にグラブを投げてフェアボールに触れるのは、野球規則違反である。この場合、ペナルティとして3個の塁が与えられる。

 オーティズは「必死にボールを追いかけていたら、ああいう行動に出てしまった。(パニックになり)無意識のうちにやってしまった」と涙を浮かべて反省しきり。

 ボールを止めても一塁は間に合わず、いずれにせよシングルヒットは避けられなかったのに、グラブを投げたことがアダとなり、とんだ藪蛇になってしまった。


 直後、無死三塁から石井義人の中犠飛でやらずもがなの1点を追加されたのが響き、ロッテは0-4と完敗。

 試合後、ボビー・バレンタイン監督も「ああいうプレーは、これからないと思う。これ以上聞かないでくれ」と苦渋の表情だった。


まさかの“足技”でスーパープレー


 次に紹介するのは、サッカーというより蹴鞠を彷彿とさせるような、あっと驚く足技でヒット性の当たりを見事アウトに仕留めた小林宏之のプレー。

 2008年9月29日の日本ハム戦。試合は小林宏とダルビッシュ有による息詰まる投手戦となり、初回からスコアボードにゼロが並んだ。

 そして、0-0の5回。日本ハムは先頭の小谷野栄一がピッチャー返しの強烈なゴロを放った。

 足元を抜けようかという打球に対し、小林宏は右足をトラップするようにしてボールを宙に跳ね上げると、素早くグラブで捕球。間髪を入れず一塁に送球してアウトにした(記録は投ゴロ)。

 「(ダルビッシュと投げ合うと)いつもこういう展開になるので、どうしても勝ちたかった」という執念が、足を使ったスーパープレーにつながった。


 ちなみに、小林宏は2004年9月4日のオリックス戦でも、これに似たようなプレーを見せている。

 同点の一死三塁のピンチで、村松有人のライナー性の打球が右足を直撃した際に、跳ね上がったボールをダイレクトキャッチして素早く三塁に送球。

 ピッチャーライナーで併殺を取ったかに見えたが、「打球がショートバウンドして足に当たった」とジャッジされ、痛恨の決勝点を奪われた苦い体験があった。


 期せずして4年前のリベンジを果たした形になったが、残念ながらこの日も勝利の女神は微笑まなかった。

 1-1の同点の8回途中に降板した直後、味方の野選で勝ち越し点を奪われ、自己ワーストのシーズン12敗目を喫している。


文=久保田龍雄(くぼた・たつお)



【PR】千葉ロッテマリーンズを観戦するなら「DAZN Baseball」

吉井監督体制2年目を迎えるロッテ。"令和の怪物"佐々木朗希がエースとしてフル回転し、チームを悲願のリーグ制覇へ導けるか注目!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

楽天モバイルなら追加料金ゼロで
パ・リーグが楽しめる!【PR】

楽天モバイル パ・リーグSpecial

楽天モバイルに申し込み「Rakuten最強プラン」を契約すると、公式戦やオリジナル番組を追加料金0円で楽しめます。携帯キャリアを乗り換えず、「デュアルSIM」としての契約もおすすめ。パ・リーグをお得に観戦できるチャンスをお見逃しなく。

POINT

① パ・リーグ主催の公式戦・オリジナル番組が見放題!

② 見逃し配信にも対応! スマホやTVなど好きなデバイスで視聴可能!

③ キャリア乗換不要。お得で手軽な「デュアルSIM」契約もオススメ!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成