ニュース

先発熱望のロッテ・藤岡「長いイニングを投げられるように…」

無断転載禁止
ロッテ浦和球場で自主トレを行った藤岡貴裕

今年初のブルペン


 ロッテの藤岡貴裕が22日、ロッテ浦和球場で自主トレを行った。

 この日はランニングやキャッチボールを行った後、ブルペンに入り、捕手を立たせて36球を投げ込んだ。今年初のブルペンでの投げ込みということもあり「最初なので軽く感覚を掴みながら投げた」と振り返った。

長いイニングを見据えてトレーニング


 「肩甲骨周りが固く、そこに負担がきた」と昨季途中に左肘を痛めたことを踏まえ、今オフは「肩甲骨周りの柔軟性であったり、周りの筋肉を強化したりすることを心掛けている」とケガをしない体作りを重点に置き、トレーニングを積む。

 また、トークショーなどで先発を熱望していることについては「(先発を)やりたいですけど、キャンプに入って、コーチと話し合いで色々決まると思う」とし、「ある程度長いイニングを投げられるように、走ったりして体力作りをしています」と話した。

 2月1日に迎える春季キャンプに向けて、ケガをしない体つくりに加え、先発、リリーフ、どちらでも対応できる準備を整えている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西