ニュース

ヤクルト・山田、充実の第1クールに幕 “無意識”のうちに世界を“意識”!?

無断転載禁止
ヤクルト・山田哲人

充実の第1クールに幕


 ヤクルトの春季キャンプも、4日で第1クールが終了。来月からWBCを控える侍ジャパンの山田哲人も、充実した様子でキャンプの4日間を駆け抜けた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 4日もフルメニューをこなした山田。休日を前にして最後に待っていたのは、サブグラウンドでの特守だった。


 特守の直前、ノッカーの森岡良介コーチに「何分間ですか?」と茶目っ気たっぷりに聞いた山田。コーチの答えは「教えない」。これには山田も顔をしかめた。

 この特守は飛んだり泥だらけになったりというものではなく、正面のゴロを中心にとにかく数を捌くというもの。土曜日ということもあって100人を超えるファンが見守る中、的確にゴロを捌き続けた。

 「今日のノックのテーマは、基本を大事に」と語った山田。「守備面でのバランス、フォームなどを意識して出来ました」と話をしてくれたが、疲れの色は隠せなかった。

 それでも、多くのファンに見守られた中での練習には、「お客さんあってのプロ野球。多くの方に見られていると、モチベーションも上がります」と笑顔を見せる。


世界を“無意識に意識”!?


 この日の練習前にはハプニングも。ふだんから慣れ親しむため、自宅や宿舎で所有していたWBCの公式球を無意識で持ってきてしまったというのだ。

 もはや“無意識”のうちに世界を“意識”してしまっている状態。しかし、それだけ触れているだけあって、ボールに対する戸惑いはもうない。「結構なじんできました。最初は一回り大きいような違和感がありましたけど、今ではキャッチボールも問題ないです」と頼もしく言い切った。

 「練習の量もこなしましたし、質も良かった。体のケアをしっかりして、第2クールにいい感じで入りたい」と山田。休み明けの6日から始まる第2クール。ここからさらにギアを上げ、待っている世界との戦いに挑む。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西