ニュース

ヤクルト・ブキャナン、上田と谷内に25球ずつ「打ちにくいと言ってくれたよ!」

無断転載禁止
打撃投手に登板したヤクルトのブキャナン
 ヤクルトのブキャナンは16日、フリー打撃に登板。

 上田剛史と谷内亮太にツーシーム、チェンジアップなど変化球を交え25球ずつ投げ、ストレートの最速は142キロを計測した。ヒット性の当たりはほとんどなく終えた。

 登板後ブキャナンは「久しぶりにバッターに投げて、とても感触はよかった。上田も打ちにくいボールだと言ってくれたよ!」と手応えを掴んだ様子。また、時折、腕の出し方を変えて投げていたが、その理由について「秘密だよ」と答えていた。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM