ニュース

ロッテの4番打者といえば…最近10年の最多出場選手を振り返る

無断転載禁止
昨季までロッテでプレーしたサブロー【撮影日:2016年9月25日】

繋ぎの4番・サブロー


 ロッテは昨季チーム最多の24本塁打、92打点を記録したデスパイネが退団し、ポイントゲッターである4番打者を失った。今季はダフィー、パラデスといった新外国人に加え、4年目を迎える井上晴哉などが4番候補といえるだろう。

 最近10年間のロッテの4番打者の最多出場者を振り返ると、100試合以上出場した選手は、07年のサブロー、10年の金泰均、16年のデスパイネの3人しかいない。多くのシーズンで4番を固定できていない印象だ。

 “繋ぎの4番”で05年の優勝・日本一に貢献したサブローは、4番で打っていたイメージが強いが、07年に100試合で4番に座るも、その他4番最多出場となった08年が39試合、12年が77試合だった。

 14年途中に加入したデスパイネは、昨季130試合で4番を務めたが、15年はパン・アメリカン競技大会のキューバ代表に選出されたため、シーズン途中に離脱した時期もあった。ロッテに在籍した3年間で、フルで出場したシーズンは16年のみだった。

 デスパイネが抜けて長打力のある4番打者が不在となった今季、サブローのときのような“繋ぎ”のタイプの選手を起用するのか…。それとも、長打力のある選手を置くのか…。伊東勤監督がどのように起用するか注目だ。

最近10年間の4番打者


07年 サブロー(100試合)
08年 サブロー(39試合)
09年 井口資仁(73試合)
10年 金泰均(131試合)
11年 カスティーヨ(85試合)
12年 サブロー(77試合)
13年 今江敏晃(97試合)
14年 デスパイネ(39試合)
15年 デスパイネ(75試合)
16年 デスパイネ(130試合)
※()は4番での出場試合数
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西