ニュース

猛虎魂をもう一度…元阪神・マートンがタイガースとマイナー契約

無断転載禁止
元阪神・マートンの新天地が決定!

縦じまではないけれど...


 デトロイト・タイガースは現地時間20日(日本時間21日)、かつて阪神で活躍した外野手マット・マートンとマイナー契約を結んだことを発表した。

 マートンは2010年に阪神に入団すると、来日1年目から打率.349のハイアベレージをマーク。214安打を放ち、いきなり当時のシーズン安打の日本記録を更新するなど、ファンに鮮烈なインパクトを残す。

 以降、通算6年のプレーで4度の打率3割超えをマークし、首位打者1回、最多安打は3回も獲得。球団史に残る優良助っ人として、厳しいファンからも愛された。 

 昨季はアメリカに戻ってカブスとマイナー契約。3Aでは76試合の出場で打率.314を記録するも、ワールドチャンピオンに登りつめたチームの分厚い層を破ることが出来ず、メジャー昇格は叶わなかった。

 昨オフFAとなってからなかなか所属先が決まらなかったが、ようやく新天地が決定。もう一度“タイガース”のユニフォームに袖を通すべく、新たな戦いがはじまる。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西