ニュース

【インタビュー②】鈴木尚広氏、盗塁は「カレーみたいなもの」?!

無断転載禁止
 マルチスポーツブランドのアディダスが2月11日、都内で「NEW ADIDAS TRAINING」のメディア発表会を開催した。

 同イベントには、ボクシング現WBA世界フライ級王者の井岡一翔、プロテニスプレーヤーの伊達公子らトップアスリートやトレーナー総勢19名が登場。野球界からは、“代走の切り札”として読売ジャイアンツ一筋のキャリアを歩み、昨季、惜しまれつつも20年の現役生活に幕を下ろした鈴木尚広氏が登壇し、トレーニングにまつわるエピソードやこだわりなどを語った。

 鈴木氏が現役生活の中で積み重ねた盗塁数は228。(200盗塁以上の)通算盗塁成功率は史上最高の82.91%だ。そんな日本球史に名を刻んだ走塁のスペシャリストがイベント終了後、『ベースボールキング』のインタビューに応じ、自身の“代名詞”とも言える盗塁の意識や考え方について語ってくれた。
・インタビュー1はコチラ⇒「27.431」から「42.195」の世界へ

インタビュー=加藤聡

盗塁の秘訣は秘伝のタレ?



――鈴木さんと言えば、試合の何時間も前から球場入りしてトレーニングをしている姿が印象的でした。あれはいつ頃から行っていたのでしょうか?
鈴木20代くらいからやり始めていましたね。

――どのようなルーティンで行っていたのでしょうか?
鈴木まずはストレッチから始めて、体幹トレーニングやランニングを行っていました。(ナイターゲームのときは)2時半から正規の練習が始まるので、その前に2時間くらい自分でトレーニングしてから練習を迎えていました。特に体幹トレーニングは毎日しないと、すぐにバランスが崩れてしまうので、走りをより安定させるために毎日継続して行っていました。

――他の選手以上に鈴木さんはトレーニングを重視している印象でした
鈴木そうですね。あとはトレーニングをしっかり重ねていくと、「何を意識して、どこを使っているか」という意識の仕方で筋肉の大きさも変わってきますし。それらを積み重ねていくことで、滑らかな動きができる。「自分が思った通りに筋肉が反応して動かせているか」ということを体に染み込ませるというか…。カレーみたいなものですね(笑)。

――時間が経つほどにうまくなると(笑)
鈴木そうです。秘伝のタレみたいなものです(笑)。積み重ねて、覚えていって、馴染んでいくことでうま味が出てくる。それが成果につながると思うので。


マイナスを捨て、プレッシャーと付き合う



――年齢を重ねるごとにイメージと実際の動きにズレが生じることはありましたか?
鈴木意識の持ち方だけで変わってきますね。自分と向き合うってすごく難しいじゃないですか。自分と向き合えるようになると、体のコンディションも分かりますし、「ここまでやったらどうなるのか?」というような結果も予想できるようになってくる。自分でアレンジできるようになるんですよね。

――精神的にネガティブになることは?
鈴木若い頃はネガティブに思うこともありましたよ。試合に出たいけど出られないときもあったし。でも、自分の立場を理解できるようになると、捨てなきゃいけない部分も出てくるというか。僕らは毎日のように試合があるわけで、ネガティブな感情を持ち続けてしまうのは、自分にとってリスクが高くなりますし、マイナスを捨てるということも大事でしたね。

――鈴木さんが塁に送られる場面は、そのほとんどが接戦でした。当時はかなりのプレッシャーがあったのでは?
鈴木プレッシャーがなくなるということはなかったですね。でも、プレッシャーの意味合いが僕の中で変わっていきました。若い頃は外的なものに捕らわれているというか。でも、年齢を重ねるごとにプレッシャーというものを共有できるようになりましたね。

プレッシャーから離れようと考えるのは簡単です。でも、プレッシャーはかかるものなので、一緒にというか、受け止めるというか、プレッシャーと向き合うというか。共有スペースを心の中作っておくイメージです。



背中を押したファンの声援



――年々ファンの鈴木さんに対する期待値も大きくなっているように感じました
鈴木めちゃめちゃ上がっていましたね(笑)

――代走をコールされたときのスタンドからの歓声も大きかったですよね
鈴木それもトレーニングと一緒で、自分が積み上げてきたものの成果だと思います。それがなければ、あのような歓声をもらうことは間違いなくありませんでした。

そこで「継続する」、「積み重ねる」ということの重要性、そして、成果が出ると自分に大きなものが返ってくるということを知りましたね。


――周到な準備の積み重ねが、あれだけの記録につながったと
鈴木それもありますし、あれだけの声援が送られると自分に対しての責任もすごく感じるんですよね。勝負を左右する場面で使われるポジションですから。トレーニングを積み重ねていくことしか方法がなかったです。

何もしないであれができるなら、それはそれですごいと思いますけど、準備を積み重ねることで自分を鍛えて、チームが勝つために、声援に応えるためにやってきました。

声援は大きなモチベーションになりましたね。僕は試合に出るか分からないのに、塁に出たらあれだけの声援が返ってくる。それによってトレーニングを継続し、良い状態を作り上げたいというモチベーションに変わっていきました。


――代走というと“ジョーカー”のイメージが強いですけど、鈴木さんは完全に“エース”のような存在でした
鈴木これまで、代走専門のポジションってなかったじゃないですか。バッターなら「代打の切り札」とか、ピッチャーも大事な場面でリリーフが出たり。代走というカテゴリーを自分では少し高めることができたと思います。

「鈴木尚広っていう選手は代走でここまでできたんだ」と知ってもらって、プロ野球の今度に生きれば良いですね。




⇒インタビュー1:「27.431」から「42.195」の世界へ
⇒インタビュー3:鈴木尚広氏の盗塁技術論
⇒インタビュー4:道具へのこだわりとWBC

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西