ニュース

阪神・能見が3回6奪三振の快投!豪州指揮官「能見はメジャー級」

【強化試合】
阪神 3-0 オーストラリア
<3月4日 京セラドーム大阪>

 阪神は4日、WBC強化試合でオーストラリア代表と対戦。先発した能見篤史が3回を投げて6奪三振の快投を見せると、投手6人による完封リレーで3-0の勝利を収めた。

 阪神・先発の能見は緩急をうまく使いながら変化球を低めに集め、屈強なオーストラリアの打者から三振の山を築く。

 このピッチングにはオーストラリアのもディーブル監督も「能見はベテランだがまだまだメジャーで活躍できるようなレベル」と脱帽。金本監督も「シーズンもこういうピッチングを」と納得の表情を見せた。

 打ってはルーキーの大山悠輔と高山俊、鳥谷敬がそれぞれ2安打ずつの活躍。さらには、モーションの大きいオーストラリア投手陣を足で揺さぶり、3盗塁を記録するなど、侍ジャパンにとっても参考になる戦い方を披露した。

 一方のオーストラリアは4番に入った元ヤクルトのデニングが2安打と一人気をはいたが、初回に3番のヒューズが二塁打で出塁して以降、二塁を踏むことなくゲームセット。特に打撃陣は、阪神投手陣から計13三振という結果に終わった。


スコア

豪|000 000 000|0
神|011 100 00✕|3

勝:能見
S:藤川
負:ブラックリー

スタメン

【豪州】
1番(中)ホワイトフィールド
2番(二)ベレスフォード
3番(一)ヒューズ
4番(右)デニング
5番(左)ケネリー
6番(三)ウェルチ
7番(指)オールティン
8番(遊)ハーマン
9番(捕)デサンミゲル
先発(P)ブラックリー

【阪神】
1番(左)高山
2番(指)北條
3番(遊)鳥谷
4番(一)原口
5番(右)中谷
6番(二)上本
7番(三)大山
8番(捕)坂本
9番(中)江越
先発(P)能見
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西