ニュース

オリックスのセットアッパーといえば…最近10年の最多HPを振り返る

無断転載禁止
13年から2年連続で最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得したオリックスの佐藤達也

平野、佐藤達がタイトル獲得


 昨季最下位に沈んだオリックス。リリーフ陣に目を向けると、吉田一将がチーム最多の26HPを記録したが、守護神・平野佳寿の前に投げるセットアッパーに苦戦した印象だ。

 オリックスの最近10年の最多HP投手を振り返ると、09年までは毎年のようにセットアッパーが変更していたが、岡田彰布監督が就任した10年からはリリーフ陣が強化された。10年にそれまで先発を務めていた平野がリリーフに転向すると、同年から3年連続でチーム最多HPを記録。11年には最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。

 平野が抑えに転向した13年からは、佐藤達也がセットアッパーに定着。同年から2年連続で最優秀中継ぎ投手に輝き、14年には48HPをマークした。佐藤が不振に陥った15年以降は、30HP以上記録したリリーフは現れていない。


オリックスの最近10年の最多HP投手


07年 18HP 本柳和也
08年 19HP 菊地原毅
09年 23HP 香月良太
10年 39HP 平野佳寿
11年 49HP 平野佳寿
12年 28HP 平野佳寿
13年 42HP 佐藤達也
14年 48HP 佐藤達也
15年 19HP 岸田 護
16年 26HP 吉田一将
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西