ニュース

オリックス、快勝で3年ぶり6連勝! 打線が集中打、ロッテ石川を攻略

○ オリックス 11 - 1 ロッテ ●
<1回戦 京セラドーム大阪>

 オリックス打線の集中打が光り、14年8月以来となる6連勝。投げては先発のディクソンが8回1失点の好投を見せ、開幕2連勝をマークした。

 オリックスは初回、ロッテ先発・石川に対し2番駿太からの3連打で一死満塁の好機をつくると、5番小谷野が左前適時打を放ち2点を先制。3回は失策と四球で一死一、二塁としたあと、ここでも6番T-岡田、7番中島が連続適時打を放つなど、初回に続く4連打を浴びせ5-0とリードを広げた。

 4回はロッテ2番手・東條の乱調につけ込み、二死一、二塁から中島、続く大城の連続適時二塁打で8-0。8回にもこの試合3度目となる4連打が生まれ、計14安打で11得点を記録した。

 大量援護を得たディクソンは、要所を締める投球で8回1失点。今季初勝利を挙げた4日の西武戦に続き、自身も開幕2連勝とした。

 対するロッテは石川が3回5失点と誤算。打線はディクソンの緩急に翻弄され、早くも今季2度目の3連敗となった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西